【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナ予防でピリピリムードの電車内…そんな中、堂々と咳き込むマスクおじさん その衝撃の姿とは?

新型コロナ予防でピリピリムードの電車内…そんな中、堂々と咳き込むマスクおじさん その衝撃の姿とは? 参考画像 新型コロナウイルス

1首都圏の虎 ★2020/03/07(土) 15:43:22.13ID:XDp48xZV9 新型コロナウイルスの感染拡大により日本全国ピリピリムードが続いていますね。「いつ自分が感染してもおかしくない」そんな不安が広がるなか、電車内でのトラブルも増えています。

福岡市営地下鉄では、「咳をしているのにマスクをしていない人がいる」という理由で非常通報ボタンが押され、列車が停車する出来事があったとか。

また、咳をする乗客に暴言を吐いたことをきっかけに乗客同士の口論が発生…なんてニュースも記憶に新しいですよね。

こんなときだからこそ、咳やマスクのエチケットはもちろん大事ですが、咳に対する過剰な反応や行き過ぎた行為はいかがなものでしょうか…。

しかし、筆者は先日ちょっとほっこりする?光景を目にしました。

それは2月下旬ごろ。移動中の電車内で起きました。私が電車に乗ってから2〜3つあとの駅で乗車した男性。歳は60代〜70代くらいでしょうか。

男性はマスクをしていたのですが、その表面には真っ黒のマジックペンでデカデカと『花粉症』の文字が!

男性は恥じる様子もなく、堂々と席に座ります。

そして、時おり鼻をすすったり、軽く咳き込んだりしています。

男性の咳き込む音にビクッと反応して、一瞬音がするほうに目をやる乗客が数名いますが、男性のマスクの文字を見ると、安堵したかのように落ち着きを取り戻していました。

確かに2月下旬から春にかけては花粉の季節。花粉症の方にとっては、マスクが手放せない時期です。しかし今年はコロナウイルスの影響もあり、世間はピリピリムードなので、ちょっと咳をするのも気を遣いますよね。

「こんな方法があったのか!!」とカンゲキした筆者。

ちょうどその数日後にテレビで、『花粉症・喘息バッチ』が注目を集めているというニュースを見ました。バッチには、「花粉症です うつりません」といった文字が書かれており、それを鞄など目に付きやすいところに付けておくというものです。

そのニュースを見て真っ先に思い浮かんだのが、あのマスクのおじさん。

「おじさん、こんなバッチもあるみたいですよ」と教えてあげたいと思った筆者でした。

(まいどなニュース特約・島田 志麻)

3/7(土) 15:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-11003862-maidonans-life
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200307-11003862-maidonans-000-view.jpg

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました