【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

4つの医療機関なぜ転々と…広島初のコロナ感染男性、8回受診 検査に20日近く 市「感染者は想像以上に多いのかも」

4つの医療機関なぜ転々と…広島初のコロナ感染男性、8回受診 検査に20日近く 市「感染者は想像以上に多いのかも」 参考画像 新型コロナウイルス

1ばーど ★2020/03/08(日) 13:36:40.11ID:LszNEBQ99  広島県内初の新型コロナウイルス感染症患者と確認された広島市安佐南区の男性は、2月上旬に症状が出てから計四つの医療機関にかかり、8回も受診を重ねていた。ウイルス検査を初めて受けたのは最初の受診から20日近くもたってからだった。なぜ検査は行われなかったのか―。

【図解】広島市で初めて確認された感染者の通院の経過
https://www.chugoku-np.co.jp/images/image_streamer.php?path=/pic/1167/p1/620454_0_00.jpg

 ▽症状軽く渡航歴なし

 「(感染者を把握する)一連の対応の流れと違う形で見つかった」。松井一実市長は7日午前の記者会見でこう切り出した。「普通に考えれば、最初に受診した医療機関から(保健所に)連絡があってもいいとは思うが…」。苦言とも取れる発言は、感染が分かるまでの経過が異例だったことを物語る。

 ウイルス検査はこれまで全額公費の「行政検査」として各自治体の地方衛生研究所で行われてきた。医療機関から依頼された保健所が必要と判断すれば実施される。行政は感染拡大を防ぐため、感染が疑われる患者がいきなり病院に行かずに、まずは各保健所などに連絡するよう求めてきた。

 ■連携や経験不足

 男性は2月15日、37・0度の発熱で医療機関A(安佐南区)を初めて受診。その際、医師は既に「肺炎疑い」と見立てていた。薬を処方されたが男性は回復せず、22、28日に訪れた医療機関B(中区)で経過観察に。3月3日には医療機関C(安佐南区)がインフルエンザの検査をし、陰性だった。

 新型コロナウイルスの検査はなぜ行われなかったのか。医療関係者には、まず初期段階の症状の軽さや、渡航歴がなかったことが影響したとの見方が大勢だ。さらに各医療機関の連携不足や、新型コロナウイルス感染症に対する医師の経験不足も重なった。

 関係者によると、男性のCT画像の見立ても見解が分かれるという。ある医師は「結果論だが疑うべき事例だった。しかし、専門家でも軽症者を早期に疑うのは難しい」。

 結局、男性が最後に受診した医療機関D(南区)の医師が独自の判断で検査に踏み切り、陽性と確認できた。それでも「念のための検査」との位置付けだったという。

 ■受診先公表せず

 市は「適切な感染防護をしていた」「濃厚接触者はいない」として四つの医療機関名を公表していない。松井市長は「風評被害やプライバシーを考慮した」と説明する。ただ、男性と接触した医療機関Cの医療従事者2人はウイルス検査をしている。

 国内では院内感染が広がり、外来が閉鎖された病院も出た。男性が医療機関を転々とすることになった結果、感染が拡大してしまう可能性は否定できない。市幹部は危機感を募らせる。「今回把握できたのは運が良かったとしか言えない。確認できていない感染者は想像以上に多いのかもしれない」

3/8(日) 7:25
中国新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200307-00010006-chugoku-soci

関連スレ
【広島】コロナ初感染の30代男性 4つの医療機関で8回受診、保健所に相談せず
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1583587649/

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました