【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナで価格下落の”LNG”北海道に到着…発電する北海道電力「電気料金値下げ」への反映はまだ先か (20/09/21 19:45)

新型コロナで価格下落の 北海道

家庭の電気料金値下げに今後つながるのでしょうか…。

北海道電力は、9月21日、火力発電用のLNG・液化天然ガスをアメリカから調達しました。世界的なコロナ禍で値下がり傾向のLNG燃料に期待が寄せられます。

 佐藤 創 記者:「この丸い部分に、アメリカ産の約7万トンのLNG液化天然ガスが積まれています。アメリカ・テキサス州から約40日かけようやく着岸です」

 北海道電力は北海道内で初めてアメリカからLNG・液化天然ガスを輸入しました。

 田中 うた乃 記者:「上空から見るとかなりの大きさになります」 

 巨大タンカーで9月21日、約7万トンが届き、北海道石狩市の国内最大級のタンクに貯蔵されました。

 LNGは液体からガスに戻され、約3キロの距離にある石狩湾新港発電所にパイプラインで送られ、火力発電の燃料に使用されます。

 北海道電力はこれまでLNGをマレーシア、ロシア、オーストラリアから調達していましたが、アメリカ産のLNGの価格が大幅に下落したことを受け購入を決めました。

 価格下落の理由は…新型コロナウイルスです。

 新型コロナウイルスの世界的な流行で需要が減ったLNGは、北海道電力の受入れ開始当初と比べ価格がなんと約5分の1に。

 これだけ安く調達できれば、期待するのは『電気料金の値下げ』ですが…

 北電石狩湾新港発電所 福田 淳 所長:「(Q:今回の安いLNGで、各家庭の電気料金に対してはどのように反映されるのか)今すぐ(安い)燃料を導入しても、経済性が非常に高い燃料だが、明日から電気料金が下がるということではない。一つ一つの効率化を含めて、取り組みの積み重ねが、将来的な電気料金に反映されるものと考えている」

 まずは燃料の安定供給を最優先するため、調達先の多角化を図る狙いです。安い燃料の恩恵を家庭で実感できるのはもう少し先のようです。

【コメント】

  1. 燃料値上げの電気料金値上げは瞬発力あるのにね。

  2. 各家庭が直接的燃料を購入する車の燃料と、そうではない発電の燃料を同列にとらえて電気料金の値下と言われても困ると思います。

    発電コスト(電気料金)の多くは設備費・設備維持費・人件費ですよ。

    燃料価格で値下げ!値下げ!と叫んで、仮に値下げされたとしても、その実は供給の不安定化に繋がるのは御免被りたい。

タイトルとURLをコピーしました