【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

安川電機 2カ月半遅れで入社式 新型コロナ対策でリモート参加も 北九州市 (20/06/22 12:00)

安川電機 2カ月半遅れで入社式 新型コロナ対策でリモート参加も 北九州市 (20/06/22 12:00) 参考画像 九州地方

北九州市に本社を置く産業用ロボット製造の大手、安川電機で、新型コロナウイルスの影響で延期されていた入社式が行われました。

北九州市八幡西区の安川電機本社では、マスクをつけた73人の新入社員がおよそ二ヵ月半遅れの入社式に臨みました。

新型コロナへの感染対策として、例年より式典が短縮されたほか、福岡県外への配属が決まっている一部の新人は、別会場からリモートで参加しました。

小笠原浩社長は「新型コロナの影響で先行きが不透明な一方、企業の設備投資は加速している。何事にもチャレンジしてほしい」と激励しました。

【新入社員・松野亮介さん】
「2ヵ月あまりの在宅勤務がありまして、今日やっと(同期と)会えてこれから社会人になるという決意が一層強くなりました」

新人たちは今後、出社による研修を経て本配属される予定です。

北九州市をはじめ県内では、2日連続で新たな感染者は確認されていません。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました