【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

クローズアップ現代+「家庭内感染 急増 想定外リスク次々と 後遺症にも違いが」家庭内で感染した人が11月に入って4割を超えた。大阪市で一家5人が感染したケースや自分が感染したため同居する80代の認知症の父親を濃厚接触者にしてしまったケース。同じ家族でも病状や後遺症が異なったり、収容先の施設で別れ別れになったりするなど、想定を超える事態に見舞われる。2020年12月18日

クローズアップ現代+「家庭内感染 急増 想定外リスク次々と 後遺症にも違いが」家庭内で感染した人が11月に入って4割を超えた。大阪市で一家5人が感染したケースや自分が感染したため同居する80代の認知症の父親を濃厚接触者にしてしまったケース。同じ家族でも病状や後遺症が異なったり、収容先の施設で別れ別れになったりするなど、想定を超える事態に見舞われる。2020年12月18日 参考画像 大阪

クローズアップ現代+「家庭内感染 急増 想定外リスク次々と 後遺症にも違いが」家庭内で感染した人が11月に入って4割を超えた。大阪市で一家5人が感染したケースや自分が感染したため同居する80代の認知症の父親を濃厚接触者にしてしまったケース。同じ家族でも病状や後遺症が異なったり、収容先の施設で別れ別れになったりするなど、想定を超える事態に見舞われる。2020年12月18日
急増 家庭内感染 家族の命をどう守るのか?
新型コロナの第3波で今、広がっているのは「家庭内感染」だ。都内の感染者で感染経路が明らかな人のうち、家庭内で感染した人が11月に入って4割を超えた。大阪市で一家5人が感染したケースや自分が感染したため同居する80代の認知症の父親を濃厚接触者にしてしまったケース。同じ家族でも病状や後遺症が異なったり、収容先の施設で別れ別れになったりするなど、想定を超える事態に見舞われる。感染者家族を受け入れる施設をつくる行政の取り組みなどを通して命を守る手立てを考える。
クローズアップ現代+「家庭内感染急増想定外リスク次々と後遺症にも違いが」家庭内で感染した人が11月に入って4割を超えた。大阪市で一家5人が感染したケースや自分が感染したため同居する80代の認知症の父親を濃厚接触者にしてしまったケース。同じ家族でも病状や後遺症が異なったり収容先の施設で別れ別れになったりする等想定を超える事態に見舞われる。https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4498/index.html

クローズアップ現代+ 「【家庭内感染】急増 想定外リスク次々と 後遺症にも違いが」
体験した人が次々と証言 ▽一人が感染したあとさまざまな悩みに直面する家庭内感染。年末年始を控え、何を知っておいたらいいのか徹底取材 ▽後遺症の相談にのるクリニックには家族で感染し、その後、症状の違いを訴える相談が次々と。陰性になったあとにも悩みが ▽自分が感染したら…子供や高齢の家族への感染は防げるか?面倒は誰がみるのか?自治体が家族を受け入れる専用の施設を作る動きも
クローズアップ現代+ 「【家庭内感染】急増想定外リスク次々と後遺症にも違いが」体験した人が次々と証言 ▽一人が感染したあとさまざまな悩みに直面する家庭内感染。年末年始を控え、何を知っておいたらいいのか徹底取材症状の違いを訴える相談が次々と。陰性になった後にも悩みが子供や高齢の家族への感染は防げるか? https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2020111332SA000/index.html?capid=sns002

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました