【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

令和2年5月8日 東京都新型コロナウイルス感染症対策最新情報 ~小池知事から都民の皆様へ~ <アーカイブ版>

令和2年5月8日 東京都新型コロナウイルス感染症対策最新情報 ~小池知事から都民の皆様へ~ <アーカイブ版> 参考画像 東京

「都内の陽性者数等の状況」の「うち宿泊療養者数」の数値に誤りがありましたので、次のとおり訂正いたします。
 誤り:172人
 訂正:149人 
※画面表示は訂正済みです

※YouTube字幕は、自動生成によるもので、不正確な部分が含まれます。後ほど、正確な字幕に差し替えます。

<ライブ配信中にモニターで表示した資料については、配信終了後、下記のサイトに掲載します>
https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/information/corona-message-archive.html

<新型コロナウイルス感染症 関係情報>
◆東京都緊急事態措置に関する情報
 ◇緊急事態措置等について
 https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/661/2020041000.pdf
 ◇東京都緊急事態措置に関するQ&A
  https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1007620.html
 ◇対象施設
 (一覧)
  https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1007665.html
 (FAQ)
  https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1007679.html
 ◇緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター
  https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1007625.html
 ◇「感染拡大防止協力金」について
  https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/attention/2020/0415_13288.html
 ◇新型コロナウイルス感染症に関する東京都の支援策
  https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/information/corona-support.html
 ◇東京都新型コロナウイルス感染症最新情報アーカイブ
  https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/information/corona-support.html
◆相談窓口
 ◇新型コロナウイルス感染症に関する東京都の支援策
  https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/information/corona-support.html
 ◇新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口
  感染の予防、心配な症状が出た時などはこちらのページから
  https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/coronasodan.html
 ◇中小企業者等特別相談窓口
  https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/01/30/15.html
 ◇緊急労働相談ダイヤル
  https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/02/26/22.html
 ◇消費生活相談窓口
  https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/sodan.html
◆陽性患者数などの統計情報
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/
◆都主催のイベント、都立施設等の休館など
https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/information/event00.html
◆予防のポイント、感染症の疑いがある方は、症状が出たときは<東京都感染症情報センター>
http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/2019-ncov/
◆よくある質問と回答
厚生労働省 一般の方向け
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html

【コメント】

  1. Very informative and useful !

  2. ターミネーターの時代が来そう。

  3. 5月8日の東京都の新規感染者は39人。うち濃厚接触者23人、感染経路調査中16人でした。
    金曜日は高めの数字が出るので昨日より増えたのは予想どおりでしたが実は想定より少な目です。金曜日の曜日指数は算出してあって平均日より1.36倍高くなる傾向があります。これを割り戻すと29人に相当します。昨日「収束値は4~50以下、富士山のすそ野のような曲線が沿う漸近線は20前後と予測します。」と申しましたが今日の結果を反映して「収束値は3~40以下」に引き下げたいと思います。

    直近の7日移動平均は70.6人(?)ですか?ずいぶんガクンと下がりましたね。これは当然で165人出て行って39人入ってきてるのですから126人減って7で割ると1日当たり18人も減っていますよ。赤い線も直近急降下に見えますね。明日も160人出ていくのが決まっていますから今日くらい減りますよ。すると水準としても50人に近づきますね。小池都知事はいつまで「未だに高い水準」と言い続けるのでしょうか?

    意外なことに専門家の分析データが緊急事態宣言が感染者の減少に大きく寄与していないことをあぶり出しました。
    何度も訂正された実効再生産数の分析です。

    【5月7日訂正】推定感染時刻別による実効再生産数
    https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/819/2020050802.pdf

    【5月5日当初資料】確定日別の感染者数等(感染症専門家資料)
    https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/819/2020050803.pdf

    訂正の理由は「計算時に使用した潜伏期間分布にエラーがあった。正しいデータ分析によると実効再生産数は緊急事態宣言下においても1を超えておらず4月22日程度までは1を十分に下回っている。」との弁明が記されていましたが、新たなグラフでも1にこそ達してはいないものの緊急事態宣言下でゆるやかに上昇していることは否定できなません。また13日頃からようやく下降に転ずるものの、その傾きは3月末の下降の傾きを超えることが出来ていません。実効再生産数の下降は行動制限・外出自粛により達成されているはずなので緊急事態宣言をする以前に大きく下がってきた事績があるということは、ますます緊急事態宣言の効果が疑わしくなることを意味しています。

    さて参考までに4月30日の終息予測とはどのようなものであったか振り返っておきましょう。当時は緊急事態宣言による行動制限ではある程度感染者数は減速すると考えておりました。でも実際は緊急事態宣言はあまり利かなかったかもしれない。また終息ではなく収束が本当の言葉使いだったと思っておりますが…。

    (参考)
    https://www.youtube.com/watch?v=KM3wKt2HdRM

    令和2年4月30日

    東京について語れば終息は視界に入っており、実はこれ以上緊急事態宣言を引き延ばすと人々の健康や生活や経済へのダメージが取り返しのつかない位大きくなる(弊害>感染減少)と予想される。世界ではこのことが解っているから続々と制限解除に軸足を移し始めている。

    東京のコロナ感染者が続けて50人を下回った。とはいえ28日の100人超が利いて横ばい状態。28日から30日の3日間の平均は68人、前日3日間27日から29日が66人だから+2人と減少は一休み。では踊り場なのだろうか?1週間まえ20日から22日の平均値と比べて-61人だから昨日の1週間まえとの比較-53人と比較すればむしろ減少傾向は加速している。また今日の46人という数字は昨日の47人と同様統計的に正常なデータと判断されること言うまでもない。

    最新のデータを考慮した現状は感染者約80人前後で安定的かつやや加速気味に減少傾向であり2週間後にはほぼ確実に1日30人以下に減少すると期待出来る。『もし今日も50人を切った場合「30人以下」に減少することが予想範囲に入る』と昨日予言したがその通りになった。ただし50人を切ったあたりから減少傾向は減速して富士山のすそ野のような曲線を描くことが予想され、急にゼロになるものではないと考えるのが自然であるとも述べた。下降曲線の変曲点が近いからである。明日は金曜日なので過去の推移からは一時的に100人前後に増加することも考えられる。しかし112人を超えなければ確実に減少する。

    緊急事態宣言による行動制限ではある程度減速はしても終息まではしないと思っていた。ところが今日までの5日移動平均のデータを予測シミュレータにかけると驚くことに連休明け(5月7日)に終息するという予測が出た。思わずデータに間違いがないか点検した。3日移動平均のデータの方は上下の周期変動が残っているがそれでも5月11日ころに終息するという予測になった。下降曲線の変曲後の漸近線を+20に設定すれば富士山のすそ野は+20に向かって収束していくが、それが+10なのか+30なのかは現時点では予測できない。

    それにしても面白いことになった。今日の報道では官邸は約1か月の緊急事態宣言の延長のハラを決めたということだが、延長のふたを開けたらほぼほぼ終息していることになるかもしれない。間抜けな話ではないか!

    こうなったのも統計データを読み込める専門家がいなかったのと都民の自粛の取り組みを信頼できる指導者がいなかったせいだ。移動平均を駆使し減少傾向が始まる感染者のピークを4月17日ではなく4月11日であると見抜き、減少傾向が都民の真面目な取り組みなどで加速度的に高まると見抜いてこそこの予測は成り立っているからである。ただ東京都が提供するデータは客観的に以上のことを示していて予測シミュレータは何故かありうべからざる終息を予測した。なんとも皮肉!不思議?である。

    データソース:https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

タイトルとURLをコピーしました