【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

【がんを学ぼう】新型コロナワクチン接種の今について

【がんを学ぼう】新型コロナワクチン接種の今について 参考画像 学校

0

女優・古村比呂が、腫瘍内科医・勝俣範之先生から「がん」を学んでいきます。
日進月歩のがん治療の現在を、そして正しい情報をお届けしていきます。

今回は「新型コロナワクチン」について学びます。

◆勝俣範之先生の書籍◆
世界中の医学研究を徹底的に比較してわかった「最高のがん治療」

◇がんサバイバー・古村比呂◇

偶然受けた検診をきっかけに2012年1月、子宮頸がんが発覚。2012年3月「広汎子宮全摘術」
を受ける。
2013年5月、後遺症(合併症)リンパ浮腫を発症。現在も治療中。
2017年3月手術から5年目、子宮頸がん再発。抗がん剤・放射線治療を受け寛解。
同年11月には、肺・リンパ節などへの転移が見つかり再々発。
抗がん剤治療を2018年1月から2019年1月まで続けた。現在は経過観察となり定期検診通院。

#腹水 #抗がん剤治療 #腹膜転移

2015年8月、リンパ浮腫情報交流サイト「シエスタ」を開設。定期的に交換会を開催。
2019年10月、一般社団法人「HIRAKU人にやさしいプロジェクト」を設立・代表理事となる。
がん・リンパ浮腫と共に歩む女性の応援活動を行っている。
————————————————————————-

【SNS・ブログ・HP】
・HIRAKU 〜人にやさしいプロジェクト〜
https://hiraku-project.com

・古村比呂ブログ「艶やかにひろやかに」
https://ameblo.jp/komurahiro/

・Facebook
https://m.facebook.com/hirokomura1988/

・Instagram
https://www.instagram.com/hiro_komura
————————————————————————–

◇腫瘍内科医・勝俣範之先生プロフィール◇

日本の抗がん剤治療のパイオニア。
日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科医教授
外来科学療法室室長。
富山医科薬科大学(現 富山大学)医学部卒業後、国立がんセンター中央病院内科レジデント、
同薬物療法部薬物治療室室長などを経て現職。

————————————————————————-

★勝俣範之氏の著書★
「逸脱症例から学ぶ がん薬物療法」:株式会社じほう

「抗がん剤は効かない」の罪:毎日新聞出版

「最高のがん治療」:ダイヤモンド社 

など編著書多数。
————————————————————————–
#新型コロナワクチン#乳がん#副反応

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました