【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナ後遺症「慢性疲労症候群」気をつけてほしい症状と治療可能性について/犬房春彦(ルイ・パストゥール医学研究センター/医師・医学博士)

新型コロナ後遺症「慢性疲労症候群」気をつけてほしい症状と治療可能性について/犬房春彦(ルイ・パストゥール医学研究センター/医師・医学博士) 参考画像 学校

0

※当動画で公開している内容は、犬房春彦の個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

(内容)
新型コロナウイルスに感染した後遺症として、原因不明の倦怠(けんたい)感や痛みなどが続き、日常生活も困難になる「慢性疲労症候群」の症状が報告されています。
「慢性疲労症候群」の症状と治療可能性について解説しました。

(引用)
コロナ後遺症、本当に怖いのは「精神疾患」 3人に1人が脳に症状、自殺願望起きるケースも《衝撃レポート》
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3a8ff8cd087624e3c2af5a7c152d4829efd8d15
「終わりが見えない」人気脚本家、コロナ後遺症を苦に自殺
https://news.yahoo.co.jp/articles/7fb379c9dbded3cb5c856f53853b7067ef9d7d07
資料5 COVID-19 後遺障害に関する実態調査
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000793729.pdf
厚生労働省(旧厚生省)慢性疲労症候群診断基準
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/guide/efforts/research/kuratsune/fatigue/fatigue03.html
COVID-19 and post-infectious myalgic encephalomyelitis/chronic fatigue syndrome: a narrative review
https://journals.sagepub.com/doi/full/10.1177/20499361211009385
#慢性疲労症候群 #免疫不全 #ミトコンドリア

【プロフィール】
犬房春彦
公益財団法人 ルイ・パストゥール医学研究センター 抗酸化研究室

(経歴)1957年、岡山県出身
近畿大学医学部卒業後、近畿大学 医学部大学院外科学系専攻 修了(近畿大学博士(医学))
その後、近畿大学医学部臨床医学部門 教授、ストラスブール大学欧州テレサージェリー研究所 客員教授、スペインバルセロナ大学外科学教室 客員教授などを歴任。

【コメント】

  1. ニコニコ動画
    「新型コロナワクチンは生物兵器 神谷宗幣 武田邦彦 実験動物ネコが2年で全て死んだ」
    (by Dr. Lee Merritt)

    生物兵器の研究者 リー・メリット博士
    mRNAワクチンについて
    ・コロナウイルスであるSARS・MERSの動物実験で成功したことがない
    ・猫はADE(抗体依存性免疫増強)が原因ですべての動物が死んだ(最後は敗血症・心不全)
    ・人体実験されたこともない
    ・ADE(抗体依存性免疫増強)の反応を知るには時間が足りない
    ・mRNAワクチンはバイナリー兵器
    ・もし私が中国共産党なら軍隊を倒すためにmRNAを作るだけでいい

    ワクチン接種によって感染増強抗体が産生される。感染増強抗体は、変異株のような似たウイルスが体内に侵入した際にADEの原因になる。免疫が正常に反応しない(免疫不全の)

    ため、変異株の無症状感染者(スーパースプレッダー)になる。そして敗血症・心不全などで死亡する。

タイトルとURLをコピーしました