【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

BS-TBSヒポクラテスの誓い「新型コロナウィルスと闘う!救急医療の最前線」新型コロナウイルス感染症の拡大によって救急医療の現場は今までと違う形になった。横浜市旭区にある三次救急医療機関「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」救命救急センターで救命医、そして感染症専門医として最前線に立つ齋藤浩輝医師に密着した。2020年9月26日

BS-TBSヒポクラテスの誓い「新型コロナウィルスと闘う!救急医療の最前線」新型コロナウイルス感染症の拡大によって救急医療の現場は今までと違う形になった。横浜市旭区にある三次救急医療機関「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」救命救急センターで救命医、そして感染症専門医として最前線に立つ齋藤浩輝医師に密着した。2020年9月26日 参考画像 学校

BS-TBSヒポクラテスの誓い「新型コロナウィルスと闘う!救急医療の最前線」新型コロナウイルス感染症の拡大によって救急医療の現場は今までと違う形になった。横浜市旭区にある三次救急医療機関「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」救命救急センターで救命医、そして感染症専門医として最前線に立つ齋藤浩輝医師に密着した。2020年9月26日
BS-TBS新型コロナウイルス感染症の拡大によって救急医療の現場は今までと違う形になった。横浜市旭区にある三次救急医療機関「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」救命救急センターで救命医、そして感染症専門医として最前線に立つ齋藤浩輝医師に密着した。
齋藤医師は感染症専門医として病院の感染対策を担うとともに、救急救命医として患者の感染を疑いながら救命にあたっている。
4月、この病院で院内感染が発生。
患者、病院職員ら80人が感染し、死亡した患者もいた。
当時、病院ではクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」の患者を受け入れて治療にあたっていたが、新型コロナウイルス感染症とは別の病気で入院していた患者から感染が拡大した。
齋藤医師にとってはこのことが大きな教訓になったという。
WHOに言及。
BS-TBSヒポクラテスの誓い「新型コロナウィルスと闘う!救急医療の最前線」新型コロナウイルス感染症の拡大によって救急医療の現場は今までと違う形になった三次救急医療機関「聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院」救命救急センターで救命医感染症専門医として最前線に立つ齋藤浩輝医師に密着した。 https://jcc.jp/news/16407921/

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました