【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

NHKスペシャル パンデミック 激動の世界(6)「“科学立国” 再生への道」新型コロナのワクチンや薬の開発研究が国際競争で立ち後れている。研究現場の取材で、日本の科学が土台から揺らいでいる現実が明らかに。科学立国の誇りを取り戻せるのか?早くも海外で始まったワクチン接種。日本もワクチン開発に挑むが、実用化のめどはまだ見えない?2020年12月20日

NHKスペシャル パンデミック 激動の世界(6)「“科学立国” 再生への道」新型コロナのワクチンや薬の開発研究が国際競争で立ち後れている。研究現場の取材で、日本の科学が土台から揺らいでいる現実が明らかに。科学立国の誇りを取り戻せるのか?早くも海外で始まったワクチン接種。日本もワクチン開発に挑むが、実用化のめどはまだ見えない?2020年12月20日 参考画像 学校

NHKスペシャル パンデミック 激動の世界(6)「“科学立国” 再生への道」新型コロナのワクチンや薬の開発研究が国際競争で立ち後れている。研究現場の取材で、日本の科学が土台から揺らいでいる現実が明らかに。科学立国の誇りを取り戻せるのか?早くも海外で始まったワクチン接種。日本もワクチン開発に挑むが、実用化のめどはまだ見えない?2020年12月20日
新型コロナのワクチンや薬の開発研究が国際競争で立ち後れている。研究現場の取材で、日本の科学が土台から揺らいでいる現実が明らかに。科学立国の誇りを取り戻せるのか?早くも海外で始まったワクチン接種。日本もワクチン開発に挑むが、実用化のめどはまだ見えない。薬の開発でも、優れた成果を上げる国内の研究室が人材枯渇の危機に。数々ノーベル賞学者を輩出してきた日本の医学研究が、なぜコロナ禍で成果を示せないのか。今月急逝した科学者出身の元文部大臣・有馬朗人氏の亡くなる直前の貴重なインタビューや知られざる研究現場のルポで、迷走する日本の科学政策とその解決の道を探っていく。
NHKスペシャル パンデミック 激動の世界(6)「“科学立国” 再生への道」 新型コロナのワクチンや薬の開発研究が国際競争で立ち後れている。研究現場の取材で、日本の科学が土台から揺らいでいる現実が明らかに。科学立国の誇りを取り戻せるのか? http://nhk.jp/H74qG8TP

NHKスペシャル「パンデミック 激動の世界(6)「“科学立国” 再生への道」
早くも海外で始まったワクチン接種。日本もワクチン開発に挑むが、実用化のめどはまだ見えない。薬の開発でも、優れた成果を上げる国内の研究室が人材枯渇の危機に。数々ノーベル賞学者を輩出してきた日本の医学研究が、なぜコロナ禍で成果を示せないのか。今月急逝した科学者出身の元文部大臣・有馬朗人氏の亡くなる直前の貴重なインタビューや知られざる研究現場のルポで、迷走する日本の科学政策とその解決の道を探っていく。
【新型コロナウイルス 格闘の証言】パンデミック 激動の世界(6) 「 未曾有の感染爆発の危機と向き合った、最前線の医師や専門家、行政の責任者たちの証言。新型コロナウイルスの猛威にさらされた現場は、一体どんな事態に追い込まれ、どう命と向き合い、局面を打開しようとしたのか。敵の正体も見えないまま、刻々と事態が変化していく中、何に逡巡し、どこに壁を感じていたのか。そして、その個々の思いを俯瞰し、立体的に捉えたとき、どんな社会の脆弱性が浮かび上がるのか…。ここには、新型コロナウイルスの危機と格闘した当事者たちがカメラの前で語った、危機の実態と切実な思いが記されている。 https://www.nhk.or.jp/covid19-shogen/theme/theme6/440572.html

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました