【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナで異例づくし…西南学院大学で一般入試

新型コロナで異例づくし…西南学院大学で一般入試 参考画像 入試・就活

0

西南学院大学では、4日から一般入試が始まりました。

“新型コロナ”にほん弄されたこの1年でしたが、いざ本番の日を迎えました。

お母さんに応援されて…。友達と励まし合いながら…。受験生が静かに、正門をくぐっていきます。マスク越しでも、少し緊張している様子がうかがえます。

今年は、緊急事態宣言さなかの入試になりました。「ほんと電車で来たけど怖かった。マスクも2重にして、アルコールも持ってきて、入念に」。

大学も対策を徹底しています。密にならないよう、受験生が試験会場に入る時間を例年より30分早めました。会場の空気の入れ替えも、1科目ごとにします。

休校にオンライン授業…。コロナ予防にも神経をとがらせてきたこの1年間。異例づくしの入試に挑みます。

「自分の時間は多かったかなって感じ。学校でやらされることがあったりなかったりしたから」。「自分でやらないと学力伸びなかったかなと思う」。

不安や戸惑いの一方、日々の受験勉強で培われた自信も垣間見えます。「第一志望に必ず受かって、コロナで最初は思うようにできないかもしれないけど、しっかり勉強頑張ってそれから楽しみたい」。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました