【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

仲田泰祐・藤井大輔『新型コロナ危機に経済学で挑む』インタビュー

仲田泰祐・藤井大輔『新型コロナ危機に経済学で挑む』インタビュー 参考画像 企業活動

0

「シリーズ:経済セミナー増刊 新型コロナ危機に経済学で挑む」
の刊行に伴い、
本書のChapter 2に登場している仲田泰祐さん(東京大学准教授)、藤井大輔さん(東京大学特任講師)のインタビュー動画を一部公開します。
00:12 自己紹介と経歴
01:50 プロジェクトを始めたきっかけと動機
04:15 二人の専門(必ずしも近くない)について
05:04 研究で狙えること
05:53 何を伝えるのが一番の目的か
07:17 伝え方の工夫について
10:30 モデル分析の考え方

両氏のHPはこちら
https://covid19outputjapan.github.io/JP/

本書について:
「シリーズ:経済セミナー増刊 新型コロナ危機に経済学で挑む」
経済セミナー編集部/編
https://www.nippyo.co.jp/shop/book/8570.html
定価:税込 1,870円(本体価格 1,700円)
(内容紹介)
世界中に拡大し、猛威を振るい続ける新型コロナウイルス感染症。感染拡大による人々の行動の変化や、感染抑え込みのための政策対応などを通じて、すでに経済に甚大な影響を与えている。また、新型コロナがもたらした新たな問題や、顕在化させた従来からの課題が、長期的に私たちに影響を及ぼす可能性も出てきている。こうした状況の中で、経済学はこれらの問題をどのように理解し、今後の展望を描けるのか。現時点までの最新の実践・研究の成果をふまえて考える。
(目次)
Part 1 経済学はパンデミックにどう対峙するか
Chapter 1 
 [対談]科学はパンデミックにどう対抗できるか:
 経済学と公衆衛生学の交差点……井深陽子・橋本英樹
Chapter 2 
 [インタビュー]政策と経済学をつなぎ、コロナ危機に挑む
   ……仲田泰祐・藤井大輔

Part 2 感染症対策の経済学
Chapter 3 
 感染症拡大防止政策のトレードオフ……田中聡史
Chapter 4 
 経済学は感染症にどのように挑んできたか……井深陽子
Chapter 5 
 新興感染症対策として行動経済学ができること
  :ナッジの効果と限界……佐々木周作

Part 3 新型コロナ危機が経済に及ぼす影響
Chapter 6 
 私たちの新しい生活様式:消費ビッグデータでの記録
   ……小西葉子
Chapter 7 
 COVID-19下の労働市場:大規模政府統計からの事実発見
   ……市村英彦・川田恵介・深井太洋
Chapter 8 
 誰がテレワークしているのか:タスクと人的資源管理論の視点から
   ……川口大司・茂木洋之
Chapter 9 
 格差とコロナ危機……北尾早霧
Chapter 10 
 コロナ禍における学校閉鎖やオンライン教育の影響
   :実証研究のサーベイ……小林庸平・西畑壮哉
Chapter 11 
 感染状況に関する認識の乖離が経済に及ぼす影響
   ……浜野正樹・片山宗親
Chapter 12 
 コロナショックと企業ダイナミクス:データ×理論
   ……宮川大介
Chapter 13 
 医療提供体制への影響……高久玲音
Chapter 14 
 貿易とグローバルサプライチェーンへの影響
   ……早川和伸・椋寛

Part 4 新型コロナへの政策対応と評価
Chapter 15 
 実体経済への影響と日本を含むG20先進国の政策対応
   ……田中聡史
Chapter 16 
 新型コロナ危機と財政政策……岩本康志
Chapter 17 
 コロナ禍における労働者への支援策……酒井正
Chapter 18 
 特別定額給付金はどのような家計の消費を喚起したか
   :銀行預金口座データによる実証分析
   ……久保田荘・大西宏一郎・遠山祐太
Chapter 19 
 新型コロナ下の小規模企業と感染症対策・補助金政策
   ……川口康平

#経済
#新規感染者数
#モデル分析
#新型コロナウイルス感染症
#Covid-19
#感染症と経済
#財政支出
#格差
#労働市場
#非正規雇用
#ミクロ経済学
#マクロ経済学
#計量経済学
#社会調査
#政府統計
#オルタナティブデータ

【コメント】

  1. 一日15人が感染して、1日活動したら、感染爆発の可能性は?考慮してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました