【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

宮城・多賀城で消防出初式 新型コロナを考慮して放水なしの「時短」開催 (21/01/03 16:15)

宮城・多賀城で消防出初式 新型コロナを考慮して放水なしの「時短」開催 (21/01/03 16:15) 参考画像 企業活動

0

宮城県多賀城市では新春恒例の消防出初式が行われました。今年は新型コロナを考慮して「時短」での実施となりました。

多賀城市役所前で行われた消防団の出初式には、去年10月に就任した深谷晃祐市長などおよそ160人が参加しました。

深谷晃祐市長「昨年は新型コロナウイルスの影響により催事の規制がなされ、消防演習をはじめ消防団活動が実施できずもどかしい思いでいたことと存じます」

今年は新型コロナウイルスの感染防止策として、出初式の所要時間を例年の半分にあたる1時間に短縮し、放水や行進は時短のために省略されました。

多賀城市消防団・津田孝造団長「今年一年多賀城市民の皆様の安心安全(のために)、われわれ消防団一丸となって無事故・無火災のためにがんばっていきたいと思います」

宮城県内では元日から各地で火災が相次ぎ、栗原市では2日、2人が火災で亡くなっています。空気が乾燥し火災が発生しやすくなるこれからの時期。火の取り扱いには十分注意が必要です。

【コメント】

  1. 俺写っていた

タイトルとURLをコピーしました