【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナで苦渋の決断 河津桜まつりの中止が決定(静岡県)

新型コロナで苦渋の決断 河津桜まつりの中止が決定(静岡県) 参考画像 企業活動

0

開催目前で苦渋の決断です。2月10日の開幕を予定していた河津町の「河津桜まつり」について、実行委員会は1月18日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止することを決定しました。

<山田和子実行員会委員長>「第31回河津桜まつりは、本日、実行委員会の協議の結果、中止とすることにいたしました」
 河津町長や観光協会などで組織する河津桜まつりの実行委員会は5時半から会合を開き、2021年は「まつり」を行わないと正式に決定しました。k伊豆半島にひと足早く春を告げる「河津桜まつり」は例年、90万人のもの観光客が訪れる伊豆半島最大の観光イベントです。ところが。
<菅首相>「緊急事態宣言を発出します」
<川勝平太知事>「極めて危機的である」
 再び緊急事態宣言が発令され、県の警戒レベルも5に引き上げ。さらにこれまで、町内ではゼロだった新型コロナの感染者が18日初めて確認されるなど、まつりを取り巻く環境が大きく変わりました。
<住民>「普段はとても楽しみ。子どもたちも行きたがるので、ただ今年に関してはちょっと」「(河津桜まつりを)やってもらいたいなんて人いるの?河津町に。コロナになったら俺たち死んでしまう」
 18日の会合でも中止やむなしとの声が相次ぎ、開催の断念を決めました。
<河津町 岸重宏町長>「経済的な影響は大きいと承知しているが、命を守るという重要な問題。危機が迫っているという認識を理解してもらえたら」
 実行委員会では今後出店者への補償や河津桜が咲いている間の観光客への感染予防対策などについて検討することにしています。
#オレンジ6 1月18日放送

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました