【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

✅ 新型コロナウイルスに感染したか否かを調べるPCR検査は国内でこれまで約250万件行われた。人口100万人当たりの検査数は2万人で、世界215の国と地域で比較すると日本は151位。政府がPCR検査

✅  新型コロナウイルスに感染したか否かを調べるPCR検査は国内でこれまで約250万件行われた。人口100万人当たりの検査数は2万人で、世界215の国と地域で比較すると日本は151位。政府がPCR検査 参考画像 検査

💖 Please Visit: https://www.facebook.com/Scathc/
💖 Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UC7WEzCmsa_OsvBiF6rJWD8g?sub_confirmation=1
✍ 【メディカルNOW】自費で行うPCR検査広がるが課題も 2020年10月26日 12時0分スポーツ報知 # 社会# 識者コラム# メディカルNOW  新型コロナウイルスに感染したか否かを調べるPCR検査は国内でこれまで約250万件行われた。人口100万人当たりの検査数は2万人で、世界215の国と地域で比較すると日本は151位。政府がPCR検査を抑制しているからだ。  一方、ニーズは高いから自費でのPCR検査を行う医療機関や検査機関が増えている。例えば、▼対象は無症状の人。来院して唾液によるPCR検査。費用2万2000円。陰性証明書は和文・英文可(料金は別途)▼唾液採取用キットを自宅に郵送。唾液を採取して返送。結果はメールで通知。費用は1万5000円。陰性証明書は5000円プラス。  テレビCMを流している医療機関もある。「海外出張に陰性証明書が必要」「実家に帰省するため陰性を確認したい」「会社が費用を負担するから検査をするよう言われた」といったケースが多いという。  ▼ソフトバンクが7月下旬に立ち上げた子会社「新型コロナウイルス検査センター」は新型コロナPCR検査専門機関だ。唾液を送ってもらって検査する。1件2000円=税抜き、配送料・梱包(こんぽう)費などを除く=と低料金。今は自治体や法人が対象だが、100万件の検査資材を用意できるので、将来は一般の人が利用できるかもしれない。  課題もある。自費でのPCR検査が広がっているが、検査結果が陽性だった場合の取り扱いが決まっていない。無症状や軽症なら保健所に届けず、2週間ほど「自主隔離」する人もいるという。そういうケースは都道府県が毎日発表する感染者数にカウントされない。  検査結果が陽性なら保健所に連絡し、治療できる医療機関を紹介するといったルールづくりが必要だろう。(医療ジャーナリスト・田中 皓) …
💖 #社会, #識者コラム, #メディカルNOW

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました