【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

①開会の挨拶・池田としえ日野市議会議員 国内の医師ら450人がワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出 主催「新型コロナワクチンに警鐘を鳴らす医師と議員の会」2021/6/24

①開会の挨拶・池田としえ日野市議会議員 国内の医師ら450人がワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出  主催「新型コロナワクチンに警鐘を鳴らす医師と議員の会」2021/6/24 参考画像 治療薬

国内の医師ら450人がワクチン接種中止を求めて嘆願書を提出
ワクチン接種の中止を求める「新型コロナワクチンに警鐘を鳴らす医師と議員の会」(代表・高橋徳氏)は国会内で会見した。
=24日、東京都千代田区
感染者の80%が軽症にもかかわらず、安全性もまだ分かっていない遺伝子ワクチンを国民全員に接種させる必要があるのか疑問だ」と説明。出席した他の医師からも「治験が終わっていない」「接種後に少なくとも356人の方が亡くなっている」などの発言が相次いだ。
この日は河野太郎ワクチン担当相が自身のブログを更新し、ワクチン接種を巡って「医師免許を持っているにもかかわらず、デマを流す人もいます」と批判。「長期的な安全性がわからない」などの意見も具体例に挙げたが、高橋氏は「情報の出所は厚労省のホームページ」と話し、他の医師からも「大臣がデマだと言い切る根拠は何か」と驚きの声が上がった。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました