【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

【驚きの結果】日本も開発中の新型コロナの従来型・不活化ワクチン その実力がとうとう判明!

【驚きの結果】日本も開発中の新型コロナの従来型・不活化ワクチン その実力がとうとう判明! 参考画像 治療薬

0

いよいよ代表的な従来型のワクチンである不活化ワクチンの新型コロナに対する有効性が数字として出て来ました。日本でもKMバイオロジクスが開発中のこの種類のワクチン。一体新型コロナに対してどの程度の力を示したのか―。そこには驚きの数値が。

※サムネイルの「来た」はデータが来たということです。また動画および論文中のデータは国産のものではありません。

★朗報;この動画を作っている最中に、KMバイオロジクス社のワクチンが予想通り変異株へも効果を示すことが報じられました。
→https://news.yahoo.co.jp/articles/9dc9b496321f951da0e32918a4283f66b71645a7

★注意!;ただ現場に出てくるのは2023年度ということで当面は厳しそうですね。

★医療の正しい情報を医師が専門的に解説する学術的な内容です。コミュニティガイドラインを守って作成しています。情報の信頼性は根拠となる研究を出しているかどうかで判断しましょう。

★正しい情報を得られるようにぜひチャンネル登録お願い申し上げます
→https://www.youtube.com/c/kanwa/?sub_confirmation=1

★サブチャンネル登録お願いいたします→https://www.youtube.com/channel/UCwCYWb0pT4K7GPXxl8qrkXw?sub_confirmation=1

★かんわいんちょーのLINEです。ぜひご登録お願いします!🙏
→https://lin.ee/u7PUQOL

★引用・参考文献
→https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2780562

★関連動画
→https://www.youtube.com/watch?v=t-mxVR8z_ds

★押川勝太郎先生とのコラボ動画「早期からの緩和ケア」
→https://www.youtube.com/watch?v=wa2w2liyigg&t=1s

◎かんわいんちょーTwitterのフォローよろしくお願い申し上げます→https://twitter.com/shuichiotsu

◎苦しみが軽くなるメルマガ
→https://is.gd/o8YDEV

◎かんわいんちょーのインスタグラムです
→https://www.instagram.com/shuichiotsu

★★★病気になったら早期緩和ケア外来へ★★★全国オンラインの「どこでも緩和」対応。詳細はこちらから。健康相談・人生会議も受け付けています。→https://kanwa.tokyo/taisyoukanjya

緩和ケア経験豊富な本物の医師が信頼できる緩和ケアや医療情報を発信します。ぜひチャンネル登録をお願い申し上げます→https://www.youtube.com/c/kanwa/?sub_confirmation=1 ご登録後、🔔のマークをタップし「すべて」を選択して頂くと新着動画をすぐお知らせできます。

緩和ケア医・大津秀一(東京都文京区目白台の診療所 https://kanwa.tokyo で緩和ケア外来をしています。オンライン相談<遠隔相談>で全国ご相談可能)

早期緩和ケア大津秀一クリニック
https://kanwa.tokyo/

早期緩和ケア相談所
http://soukikanwa.jp/home/

アメーバオフィシャル
https://ameblo.jp/setakan/

早期緩和ケア外来Facebook
https://www.facebook.com/soukikanwa

早期からの緩和ケア医Twitter

#病気になったら早期緩和ケア外来
#全国オンラインどこでも緩和
#ウィズコロナ

【コメント】

  1. 皆さん、こんにちは。不活化ワクチンの有効性の論文も出るなど、いよいよ情報が揃ってきていますね。嬉しいことに日本の熊本のKMバイオロジクス社のワクチンは変異株にも有効であることが27日報じられました。一方で実用化は2023年度。そのため、基本的には現行のワクチンか、年末の組み換えタンパクワクチンなどが主戦力であることは変わりはなさそうです。ただ今後有効な選択肢になってくると考えられ、紹介しました。引き続き予防と体調管理に努めて参りましょう。

  2. いつも有難うございます。ファイザーのワクチンが日本で12歳まで適応になるようで喜んでいます。ただ、日本の行政ではアナログすぎて不安もまだ多いです。新しいワクチンにも大いに期待しています。

  3. 不活化ワクチンは大量生産するのに時間かかりますし、緊急対応には向いていないですが、従来のワクチンなのでそこは安心できる気がしますね。

  4. この動画の件とは関係ありませんが、いつも最新の医学論文を紹介して下さり、本当に勉強になっています。
    研究所に現役でいた頃は学術論文や学術雑誌なんていつでも好きなだけ読んだり、入手したりできたのですが、
    一般人になってからは全く機会がなくなってしまいました。(笑
    このチャンネルは素晴らしいと思ってますよ。応援してます。

  5. ワクチン続報ありがとうございます。不活化ワクチン従来型ということでmRNA/アデノウイルスベクタ以外の本格的な報告なのではないかと思います。例えがよくないかもしれませんが、所謂最新型の技術で作成されたものより意外に”枯れた技術”を使ってコンピュータシステムも構築した方が安定性がいいというのはシステム業界ではよく知られた話ですが、こういったワクチンの技術も使う側もよく知っている技術で作られている場合には余りブラックボックス感もなくて安心感があると思いました。安心感は重要な利点でもありますので早めに一般使用できるといいと思います。なおどこの作ったワクチンなのか確認しようと思いましたが見落としているのか確認できませんでしたが直接記事を見るとかなり中国の研究者の方の名前が多くあり、武漢の研究所の名前もあるので中国のものかと思えます。中国ワクチンは旧来型という話は以前より動画でもお話があり、個人的にはしつこく中国系ワクチン情報が少ない話書かせて頂きましたが、漸く出てきたのかと思います。Made in China明示的でないところはやや勘ぐってしまいますが、政治外交のギクシャクが医学医療面に望ましくない影を落とすのは非常に残念です。

  6. アストラゼネカワクチンの血栓できる原因をドイツさんが調べたみたいですよね。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c70f46fe89a544677722b7008ffbe63202b74914

  7. アシュバント(接着剤)に、ミョウバンとは、目からウロコです。不活化ワクチン嬉しい😃です。さて、かんわいんちょー!ლ(˘ω˘ ლ)サリゲナク…全部盛り素敵😍です。それと、ホンマにワクチンの産業革命や!皆んな必要を感じますが、(ウィルスベクターワクチン)は、除くそれは70歳以上の場合は一発注射あり、スパイクタンパク質 複数のスパイクタンパク質を混ぜた ブースターが、あれば対応出来るかも、ウィルスだけでなく人間にも機能獲得が、必要です。現状は残念ながらウィルスのほうが、一枚上かな?

  8. 常に新たな株ができてくると、ワクチンには限界がある気がします、やはり治療薬でしょうか?

  9. 1~2年後には、様々な選択肢が出来ますね。でも今現在の感染予防が大切と思いますので、より早く打てるワクチンを打ちたいと思います。何時になることやら。ろくろ首になりそうです。

  10. 安全安心感が強く有る従来型のワクチンがWHO&FDAの基準を十分に満足する結果が得られたとの研究論文であると解釈が出来ますね。日本人に取り実に頼もしい結果と思います。私自身の感覚として米国制のインフルエンザワクチンの効果よりも日本製のワクチン効果が高いとの認識が有りますので、未知数の遺伝子操作ワクチンによる長期的影響を懸念していますから心配の種が刈り取られていくとの感覚が有ります。
    精神障害・難病の発症因子にmRNAの変異が大きく関わっている事が解明されています。
    従って、mRNA情報が細胞間(特にゴルジ細胞間)の情報伝達として永遠に生体に存在する事実に対して影響が生じる事が無いと言う医科学的根拠が存在していません。
    怖い話ですが研究者として事実関係を明確にしておきます。  長文失礼しました。

タイトルとURLをコピーしました