【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナのワクチンが先 その後ウィルスを撒いたのか?【第21回】

新型コロナのワクチンが先 その後ウィルスを撒いたのか?【第21回】 参考画像 治療薬

2020年9月14日、アメリカに亡命した香港ウイルス専門家の閻麗夢博士が
中共ウイルスの源に関する最新研究報告を出しました。
中共ウイルスは研究室による改造された特徴を持ち、
自然進化したものではないという結論が得られた。

また、ワクチンの開発は全てうまくいったとしても、
最短1年半の時間を要するのに、
中共なんと一か月で中共ウイルス、新型コロナのワクチンの開発に成功した。
これは事前にワクチンを持っていたという解釈以外に筋が通る理由がないじゃないでしょうか?

中共ウイルスは中共の軍部が開発した生物化学兵器だと
私は大胆に推測したのです。
中共がこのウイルスをすべての人種の身に実験をやりたいからです。
全世界が中共の生物実験の実験台となっており、
全人類は中共の生物実験の実験対象となっているでしょう。
これも中共が世界を制覇する一環のことと考えられます。

【コメント】

  1. 昨年11月13日香港中文大学での大激戦の中、解放軍のヘリコプターが上空に現れたました。
    その時香港メディアが「細菌兵器をばらまきにきたのでは!?」と報じていたことを思い出しました。

タイトルとURLをコピーしました