【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナ ワクチン先行接種始まる 医療従事者 約4万人対象 | NHK News Web (2021年2月17日)

新型コロナ ワクチン先行接種始まる 医療従事者 約4万人対象 | NHK News Web (2021年2月17日) 参考画像 治療薬

0

17日から医療従事者を対象にした新型コロナウイルスのワクチンの接種が全国の医療機関で始まりました。
国内で初めて承認されたアメリカの製薬大手ファイザーのワクチンは、およそ4万人の医療従事者を対象に、全国の100か所の病院で先行して接種が行われます。

このうち東京 目黒区の国立病院機構東京医療センターでは、17日から職員への接種が始まりました。

初日の17日は医師や看護師など12人が接種を受け、接種後は様子を見るため、15分間、部屋で待機していました。

この病院では、職員や委託業者など合わせておよそ800人が先行接種を受ける予定で、2回目の接種は3週間後に行われるということです。
厚生労働省は、全国で先行接種を受ける4万人のうちおよそ2万人について、2回目の接種から4週間後まで発熱などの副反応が見られないかを調査し、結果を定期的に公表することにしています。

厚生労働省は▽来月中旬をめどに残るおよそ370万人の医療従事者に接種できる体制を確保し、▽4月からは65歳以上の高齢者およそ3600万人を対象に接種を始める方針です。
接種のスケジュールは
医療従事者への先行接種は、全国の100か所の病院で合わせておよそ4万人を対象に行われ、来週にはすべての病院で始まる見通しです。

厚生労働省は、来月中旬をめどに残るおよそ370万人の医療従事者に接種できる体制を確保し、4月からは65歳以上の高齢者、およそ3600万人を対象に接種を始めることにしています。

その後は、基礎疾患のある人およそ820万人や、高齢者施設などの職員およそ200万人などを優先しながら、順次、接種を進める方針です。
東京医療センターの先行接種は
東京医療センターによりますと、今回、先行接種を受けるおよそ800人は、事前にワクチンの有効性と副反応に関する情報を説明したうえで20歳以上の希望者の中から、職種や勤務する部署などを考慮して選んだということです。

対象となるのは、医師や看護師、検査技師、それに事務職員などで、病院の職員のほか、委託する業者からも選ばれています。

初日の17日は、医師3人と看護師5人、検査技師2人、それに事務職員2人の合わせて12人に接種が行われました。

接種会場となったのは病院の会議室で、職員たちは、入り口で予診票を受け取って記入したあと、医師の問診を受けて接種を受けていました。

接種に使用されたのは「バイアル」と呼ばれる1つの容器から6回分のワクチンをとれる特殊な注射器だということです。

会場では、アナフィラキシーが起きた場合に備えて救急搬送用のストレッチャーも用意され、接種後15分間は体調に変化がないかを観察するため部屋に待機していました。

午前11時の時点では、接種を受けた12人に目立った副反応は確認されなかったということです。

また、17日はほかの職員への接種は予定されていないということです。

1回目の接種は来月10日にかけて、2回目の接種は来月11日から31日にかけて実施される予定で、接種を受けた職員らは2回目の接種から4週間後まで健康状態を継続的に記入するということです。

先行接種は、国立病院機構と地域医療機能推進機構、それに労働者健康安全機構に属する合わせて100の病院で行われ、政府によりますと、来週中にはすべての病院で接種が始まる見通しだということです。
山本厚生労働副大臣「収束に向けて大きな第一歩」
先行接種を視察した山本厚生労働副大臣は、記者団に対し「新型コロナウイルスの収束に向けて、希望の大きな第一歩になった。先行接種の現場を見て、胸が熱くなる思いがした。全国の医療従事者や自治体と連携し、丁寧に意見を聞きながら、国民が一日も早く安心してワクチン接種ができるよう全力で取り組んでいきたい」と述べました。

#NHKNEWSWEB #NHK #ニュース

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました