【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

米 他国へ提供するため契約 新型コロナワクチン(2021年6月10日)

米 他国へ提供するため契約 新型コロナワクチン(2021年6月10日) 参考画像 治療薬

0

欧米メディアは9日、アメリカ政府が、他の国にワクチンを提供する目的でファイザーと新型コロナワクチン5億回分の供給契約を結んだと報じました。今後2年かけて、およそ100ヵ国に提供していく計画だとしています。イギリスで11日から開かれるG7サミット=主要7ヵ国首脳会議の前にバイデン大統領がファイザーのCEOと共に計画を発表する予定だということです。

#ワクチン #ファイザー #G7サミット #ジョーバイデン #アルバートブーラ

【コメント】


  1. アメリカで、新型コロナワクチン中止の判決が出たと言うのはフェイクなのかな?

  2. あまったんかな…💧

  3. やはりそれほど金持ってるからな

  4. 「奴らには薬と称して毒をくれてやる」イルミナティ血の盟約どおりの展開でしょうか?

  5. COVAX年内供与目標10億回分だから、アメリカだけで折り返し6月発表で半分の供与ですよって事ですね。
    でも80億に近い人口いますからパンデミック果てしないです。

  6. アメリカ儲かってしゃあないなぁ

  7. 日本は、これ以上、治験期間の短い特別承認した新型mRNAワクチンを税金で購入せず、日本製で安全性が十分に確認されたワクチンが出来るまで、既存の長期に使用された安全性も認められている治療薬などで処方をして欲しいです。
    結局、中国のワクチン外交を批判しながら、米国がワクチン外交を進めているように感じます。
    WHOも既存薬のデータを考慮せず、利権争いに関与しているように感じます。
    大手TV報道も偏った方面のデータや宣伝ばかりで、民間人に特別承認治験を煽っているように感じます。

    外国製の新型mRNAワクチンの摂取には、不安不信を感じますので遠慮したいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました