【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

桜井誠先生が語る。 東京五輪に振り返って・・・。 終わりの先に見える未来とは?

桜井誠先生が語る。 東京五輪に振り返って・・・。 終わりの先に見える未来とは? 参考画像 オリンピック関係

桜井誠先生が語る。 東京五輪に振り返って・・・。 終わりの先に見える未来とは?

17日間行われてきた東京五輪。
今後は東京パラリンピックの始まりとなる。
東京五輪の日本選手団の活躍は予想以上の活躍を見せた。
しかし始まる前は大嵐の逆風の連続であり大多数の不正が起きていたのも後が耐えがたい物であった。
東京五輪では右左関係なく賛成と反対の世論がわかれていた中で在日マスゴミは反対派は論外だったが東京五輪が始まり日本メダルラッシュで手のひら返しの報道しかできなかった。
在日野党と朝鮮人には日本メダルラッシュで悔しい思いの大泣きダメのアリザマ。
桜井誠先生と日本第一党ちゃんとした理由で反対を最後までしていた。
世界五輪とは本来平和の債権の実現の為の大義名分であり人類の過去の限界を超える為のスポーツである。
しかし在日野党とマスゴミは論外であり韓国とシナ共産党と北朝鮮の馬鹿どもには何度殺されても理解などしない。
どんな形であり東京五輪は日本の思いを世界に広めるべき大義名分を果たしたかもしれない。
世界五輪の火の友染みは東京へ後へと旅立ち3年後にフランスパリへと向かう。
3年簿の五輪には韓国とシナ共産党と北朝鮮の共産主義が世界から消える事をここらから祈ります。

平和とは人類の届かない世界へ存在している。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました