【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

《最新》喰いタン(食いしん坊探偵) 第5話  /// Gluttonous detective Episode5《NEW 》 // 먹보 탐정 5화 《최신》 /// 贪吃侦探 第5集 《最新的》

《最新》喰いタン(食いしん坊探偵)  第5話  /// Gluttonous detective Episode5《NEW 》  // 먹보 탐정   5화 《최신》   ///  贪吃侦探  第5集 《最新的》 参考画像 国内の話題

《最新》喰いタン(食いしん坊探偵) 第5話  /// Gluttonous detective Episode5《NEW 》 // 먹보 탐정 5화 《최신》 /// 贪吃侦探 第5集 《最新的》

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

横浜の倉庫街にある弱小探偵社「ホームズ・エージェンシー」は廃業の危機を迎えていた。唯一残った社員は探偵見習いの野田涼介と助手の出水京子の2人だけ。事務所の危機に涼介は「俺が会社を立て直す!」と息巻くが、そんな意気と口だけの彼を京子は冷ややかな目で見つめていた。そんな折、出先のオーナーから連絡が入る。それは「頼りになる男を雇ったから、彼をリーダーとして活動すること」という内容のものだった。
やってきた男の名は高野聖也。彼はやってくるや否や、数多くの出前やテイクアウトの食料を事務所に持ち込む。そのあまりの大食いっぷりと謎ぶりに、2人はイマイチ高野を信用しきれない。
そんな中で彼らは、とある殺人事件に遭遇する。高野は事件現場にあった寿司に惹かれてその場に紛れ込み、証拠品である寿司を食い尽くし、現場捜査の指揮をとっていたキャリアの女性警部、緒方桃の怒りを買ってしまう。
取調べを受ける高野たちだったが、ホームズ・エージェンシーのオーナーと馴染みである署長、山内崇のとりなしで事なきを得た。そして高野は紆余曲折の末に、この事件を解決してしまう。
その後、『名探偵コナン』の主人公江戸川コナンにそっくりな風貌の小学生、金田一(かねだ はじめ)もメンバーに加わり、かくして「喰いタン」の率いる探偵事務所ホームズ・エージェンシーは、警察署の扱う事件に次々と関わっていくことになる。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました