【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

「全国的に減少傾向」週刊グラフで見る新型コロナ(2021年1月29日)

「全国的に減少傾向」週刊グラフで見る新型コロナ(2021年1月29日) 参考画像 国内の話題

0

週刊「グラフで見る新型コロナ」
まずは曜日の影響を受けない1週間毎の新規感染者の合計の推移を
第3波がはじまった11月から見てみましょう。
東京の感染者は12月はじめのおよそ3,000人から
急激に増加のスピードが上がり、
年を越して1万2,000人を超えました。
しかし1月中旬には1万人まで減少、この2週間でさらに減って6,000人台まで戻りました。

直近1ヵ月の状況を詳しく見るために、
一週間毎の人口10万人当たりの新規感染者数を見てみます。
政府の分科会はこれが25人を超えると最も深刻なステージ4になりうるとしています。
東京では1月10日に90人を超えましたがその後減少に転じ、
20日を超えたころからは、ほぼ全国的に感染状況が改善しています。
ただ沖縄は宮古島で多数の感染者がでるなど改善が進まず
東京に次ぐ2番目の深刻さになっています。

※「新規感染者」は厚生労働省や各自治体の発表をもとに、報告された陽性者をテレビ東京がまとめたものです。
※「1週間毎の新規感染者」はその日からさかのぼって7日間の陽性確認者を足したものです。
※「1週間毎の新規感染者(人口10万人当たり)」で使用している人口は2019年10月時点です。

#コロナ#新型コロナ#首都圏#感染#緊急事態宣言#沖縄#感染者数の推移#感染傾向

【コメント】

  1. 国籍別のグラフもお願いします!

  2. 世界的に第3波終息の流れになってるし結局政策やその他諸々なんか微々たる要素で季節性なだけ

  3. 人口が多いぶん東京の数字高くなるのは当然なので、人口当たりの数字に興味があります。

  4. 節分も近いですから鬼は追い払わないと
    いけませんよね👹☭👊🥺<強制送還の呼吸っ

  5. どうしても、最近の減った数字は国が情報操作してるようにしか思えない………。

タイトルとURLをコピーしました