【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

「新型コロナ対応・民間臨時調査会」会見 小林喜光委員長ほか  2020.10.8

「新型コロナ対応・民間臨時調査会」会見 小林喜光委員長ほか  2020.10.8 参考画像 国内の話題

シンクタンク「アジア・パシフィック・イニシアティブ(API、船橋洋一理事長)」が、日本の新型コロナウイルス感染症への対応を検証する「新型コロナ対応・民間臨時調査会」(委員長=小林喜光・三菱ケミカルホールディングス取締役会長/前経済同友会代表幹事)を立ち上げ、日本政府の取り組みを中心に検証、報告書をまとめた。
小林委員長はじめ4人の委員と共同主査を務めた塩崎、野村の2氏、APIの船橋理事長が登壇し、報告書のポイントやここから得た教訓、今後の課題について話した。
民間臨調は、小林委員長ら4氏による委員会のもと個別分野の専門家19人から成るワーキンググループを設置。安倍晋三前首相、菅義偉前官房長官をはじめとする政府の責任者など83人を対象に延べ101回のヒアリングとインタビューを実施した。
司会 瀬口晴義 日本記者クラブ企画委員(東京新聞)

■登壇者
委員長:小林喜光・三菱ケミカルホールディングス取締役会長、前経済同友会代表幹事
委員:大田弘子・政策研究大学院大学特別教授、元内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当)
委員:笠貫宏・早稲田大学特命教授、元東京女子医科大学学長
委員:野村修也・中央大学法科大学院教授、森・濱田松本法律事務所客員弁護士

共同主査:塩崎彰久・長島・大野・常松法律事務所パートナー弁護士
共同主査:浦島充佳・東京慈恵会医科大学教授、小児科専門医

船橋洋一・アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました