【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

「GoTo見直し」 どこで? いつから? [新型コロナウイルス]

「GoTo見直し」 どこで? いつから? [新型コロナウイルス] 参考画像 国内の話題

23日の「ソレ! が知りたい」のテーマは、「GoTo見直し どこで? いつから?」。

23日、東京では314人の感染が確認されている。

月曜日に300人を超えるのは初めて。

そして、感染拡大は全国で勢いが止まらない。

22日の全国の新規感染者は2,168人で、5日連続で2,000人を超えている。

そして、重症者も増加している。

18日時点の全国の重症者数は483人だった。

前の週と比べると、およそ100人も増えている。

この週末、ついに菅首相がGoToキャンペーンの見直しを表明した。

その主なポイントは3つ。

まず、GoToトラベルについて、感染拡大地域を目的地とした旅行の新規予約を一時停止。

そしてGoToイート、飲食業界の支援策だが、食事券に関しても新規発行の一時停止。

そして、ポイント利用を控えるようにと要請すると。

これらを検討してほしいということを都道府県知事に要請するというもの。

すると、どこの自治体が対象になるのか、いつから一時停止になるのか、そして、キャンセル料はいったい誰が払うのかという疑問や不安があがってきている。

まずは、どこの自治体が対象なのかを見ていく。

菅首相の説明によると、感染拡大の地域を目的地とする旅行に関しては、新規予約を一時停止する方向という。

例えば、東京が感染拡大地域ということになるとしたら、東京に来るのはGoToトラベルの新規予約はできないということになる。

GoToトラベルを使って、東京には来られない。

では、疑問が出てくるのは、東京からどこか感染が拡大していない地域に行くのはいいのか。

ここに関しても、23日の全国知事会からも感染拡大地域を目的地とする旅行については、言及はされているが出発地については言及がない。

そのため、具体的な内容を早急に示してほしいという提言があった。

加藤綾子キャスター「二木先生、目的地だから気をつけなきゃいけない、出発地だから大丈夫ってことじゃないですよね」

昭和大学 医学部・二木芳人客員教授「出発地が感染拡大地域であれば、今、感染拡大していない感染がほとんど収まっているような地域に、どうしてもウイルスを持っていく可能性がありますので、そこも同様にしないと効果が得られないんじゃないかとわたしは思います」

加藤綾子キャスター「ですから、早く具体的な内容を示してほしいというその気持ちがよくわかりますよね」

そして、いつから一時停止されるのか。

これについては、できるだけ早く制度設計を行っていくとして、まだ具体的にいつからということに関しては表明されていない。

そして、もう1つ気になるのは、キャンセル料はいったい誰が払うのかだが、これについては、21日、西村経済再生担当相は「キャンセル料を払わなきゃいけないから取りやめすることをちゅうちょすることのないように、これは観光庁においてしっかりと制度設計をしてくれると思います」と発言をしている。

西村経済再生担当相の発言によると、政府は今の時点ではキャンセル料は政府が支払う方向で制度設計をしていく考えていくというニュアンスではある。

ジャーナリスト 柳澤秀夫氏「キャンセルにともなって一番経済的に困っている人たちが、これ以上困らないようにするためであるとすれば、当然のことだと思うんですけど、それよりも今回の一連のGoToキャンペーンが、車に例えるとアクセルはついてたけどブレーキがついてなかった。今、慌ててブレーキを組み込もうとしている。それが、後手後手に回ったり、体制が取れないことの表れだと思うんです。今からでもとにかく遅くないですから、どうやってブレーキを踏んだらこのキャンペーン自体が機能するのか、しないのか。そこを検証してほしいと思います」

加藤綾子キャスター「ハンマー&ダンスといいますが、ハンマーの部分をどうしたらいいのかというところでしょうね。松丸さんはいかがですか?」

松丸亮吾さん「ブレーキがなかったのが問題かなと思いながらも、GoToキャンペーンってそもそも経済を回すために行われているものなので、完全にストップさせてしまうとまた逆戻りしてしまう。進めすぎると経済を回すけど、コロナの感染を拡大してしまうという間を見極めるのが難しいと思うんですが、気持ちとしては、各自治体もそうですし、飲食店だったり全ての人が感染対策をとることが大事。そのために、爆発したときに何か経済を止めてしまうような罰則を設けるというか、それは必要なのかなと思います」

加藤綾子キャスター「わたし、以前から言われていた各自治体にもう少し権限が必要になってくると思うんですが」

昭和大学 医学部・二木芳人客員教授「それも必要ですし、ハンマーというお話がありましたが、やはりハンマー&ダンスという感覚からいけば、早めに急上昇が起こる前に強いハンマーをたたいて、山を小さくすると。そうでないと、大きな山は今もう急拡大しかけていますよね。ここを止め損ねると、結局、経済に対して人々がおそれて出てこなくなりますから、GoToキャンペーンをやっても効果がないとなってしまいますので、英断をもって早くしていただいて、山を小さくすることが必要かなと思います」

加藤綾子キャスター「こういうことが起き得る想定はされていましたよね」

ジャーナリスト 柳澤秀夫氏「されていたはずなんです。分科会の方からもいろいろと助言・提言はされていたんですが、それに基づいて具体的な対応がとれていなかった。安全と安心がなければ、どんなに経済回そうと思っても回らないと思います」

加藤綾子キャスター「こうなったときにどうするかというルール作りや準備が少しどうだったのかなという気持ちになりますよね」

(2020/11/23)

#新型コロナウイルス

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

【コメント】

  1. もう止められんよ

  2. 世界中から笑われる理由はこれ
    この時期にこのタイミングでこれをやればこうなる事は前からみんな指摘してきた事
    それなのにこれをしたんだから政府はきちんと国民に対して謝罪とそれに伴う慰謝料的な給付金をすぐに渡していかないと

    自分がもし国のトップならすぐに一人当たり30万円は渡していく。その財源は今回のこのキャンペーンをやるくらいだから充分にあることは、もうわかってるのだから。

  3. ある程度余裕のある人達がいくであろうトラベル、行かない低所得者層の税金も使われます。愚策。
    このお医者さんは全ての事について、ご存知なんですね〜。凄いですね〜。

  4. 【ドッキリ】医療優先して倒産・自殺増やしてみた

  5. 京都の嵐山と北海道の白老でクラスター発生している‼️

  6. 人間一旦気が緩んだらそう簡単には戻らない

  7. GOTOのアホ騒ぎに関係無かった国民まで、営業時間短縮で生活を苦しめられる結果に、
    日本政府こそがウイルス

  8. go to見直し意味あるのか?
    8月の時自民党は強行して、
    感染拡大が怖かったけど、
    特に広がらなかったじゃん。

  9. 語弊があるかも知れないけど日本国民は「民度が高い」から、他の国よりも感染者数が低いってのは当たってると思うよ。もちろん慣習的なところも含めて。

    せっかくこういう恵まれた状況にある国で、政策とフットワークの軽さ次第では第二の台湾を目指すことも出来たのに、現状はむしろ逆といっても過言ではない。
    無駄とは言えないまでも、方向性と優先事項を見誤った政策により、せっかくの機会を無駄にしてしまった。

  10. ポイント使う予定の飲食店の予約にはキャンセル料もかかるから、税金で負担するならその辺の検討を、ポイント使用をある時点から禁止にすればキャンセルによる飲食店の負担も軽減される。そしてポイントの使用期限の延長も早く表明すべき。

タイトルとURLをコピーしました