【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

【恵みの深呼吸】(守って防いで新型コロナ)

0

【守って防いで新型コロナ】

先日伺った学校の洗面所のところに「インフルエンザ予防」の貼り紙が
ありました。おそらく数年前からのものだと思います。
そこには「守って防いでインフルエンザ」とタイトルがあり、
インフルエンザ予防のための4つの大切な項目が紹介されていました。
1)人混みや繁華街を避け、外出時にはマスクを着用しましょう
2)うがいや手洗いを日常的に行いましょう
3)十分に栄養や睡眠をとり、体力や抵抗力を高め、体調管理をしましょう
4)予防接種を受けましょう
というものでした。
そして、その下には
「咳エチケットとは」という説明文があり

●咳・くしゃみが出たら、他の人にうつさないためマスクを着用
●マスクを持っていない場合には、ティッシュなどで口と鼻を押さえ
他の人から顔をそむけて1メートル以上は離れて
●鼻汁・痰などを含んだティッシュはすぐゴミ箱に捨てる
●咳をしている人にマスクの着用をお願いする

コロナ禍でこの2年間ここに挙げられている内容はほぼ間違いなく
社会に浸透し、ずっと言われ続け、守られ、昨年はインフルエンザ患者は
激減したという話も聞いています。

しかし、新型コロナウイルス対策のためには、これだけで良いのでしょうか。

もうずっとこれをやってきているわけですが、足りなかったものがあると
すれば四番目の予防接種の遅れが一番深刻です。
電話が繋がらない、予約できない、そもそも本当に接種に必要な数の
ワクチンが届いているのかどうかわからない・・・・。
1)から3)までは民間、個人の対応でなんとかしのいできましたが
4)の問題は行政、医療、政府の問題でもあるので、個人ではどうすることも
できません。
4)が早く進むと良いですね。
しかし、今回のワクチン接種も有効期間は1年くらいと言われていますので、
いわゆるインフルエンザの予防接種のようにある程度定期的に打っていかないと
罹ってしまう可能性があるようです。

いずれにしても、「守って防いでインフルエンザ」と同じ流れで
「守って防いで新型コロナ」と言えるように特に4)予防接種を受けましょう
が掛け声倒れにならないように、行政にはしっかり対応して欲しいですね。

そして、もうひとつ心配なのは副反応に対する処置の仕方やどういう症状になるのか、いまひとつはっきりと報道されていないこと。
接種者の数ばかり報道しているのは政治に対する忖度でしかないように思います。
問題は「いのち」なので、「効き目」だけでなく「副反応」についての数値や症状、そしてどこで何をすれば良いのかの検証や紹介がもう少し丁寧になされないと
政府、行政の「人命軽視」のそしりは免れないだろうと感じます。

とにかく、皆様、お大事に。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました