【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

【手話付き】<新型コロナ>5月11日まで本県を「まん延防止等重点措置」区域に指定 -神奈川県知事からのビデオメッセージ-

【手話付き】<新型コロナ>5月11日まで本県を「まん延防止等重点措置」区域に指定 -神奈川県知事からのビデオメッセージ- 参考画像 国内の話題

0

新型コロナウイルス感染症について
 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/ga4/covid19/index.html
新型コロナウイルス感染症対策サイト
 https://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1369

(以下、メッセージ全文)
4月20日から5月11日まで、神奈川県はまん延防止等重点措置の区域となり、本県では横浜市、川崎市、相模原市を措置区域とすることを決定しました。

この決定に至る経緯ですが、本県の新規感染者数は、ここ3日連続して1日あたり200人を超えています。振り返ってみますと、200人を最初に超えたのは11月の半ばでありました。その後、ご覧ください。急速に感染者が伸びていった。そして、1か月半後に2度目の緊急事態宣言となりました。
こうした経験から、早期の対策を講じることが重要と考えまして、昨日、国に対してまん延防止等重点措置の適用を要請した次第であります。

そこで、さらなる感染拡大を抑え、三たびの緊急事態宣言を回避するために、次の事項の徹底を強く要請します。
県民の皆さんには生活に必要な場合を除き、外出は自粛してください。
通勤や通学などの場合を除いて、都道府県間の移動は控えてください。
時短要請をしている時間以降に、飲食店を利用することは避けてください。
また、路上などでの飲食、いわゆる路上飲みはやめてください。

飲食店等の皆さんには、営業時間の短縮要請を、4月20日から5月11日までの間、措置区域内の営業時間は20時まで、その他区域内の営業時間は21時までと改めます。
県は、店舗を直接訪問して、基本的な感染防止対策の徹底を確認させていただきます。
さらにマスク飲食を積極的に実践する店舗を認証し、応援する新たな制度「マスク飲食実施店」認証制度、これを始めます。
また、時短要請に応じていただいた店舗には4月20日からは新たに店舗の事業規模に応じた協力金を支給いたします。

県は神奈川モデル認定医療機関と個別に協定を締結し、最大確保病床数を拡大するなどの医療提供体制をさらに強化してまいります。

感染拡大の兆候がある今の段階で、私たち一人ひとりが、基本的な感染防止対策にしっかりと取り組めば、1月のような感染の急拡大を抑え込むことが出来ます。
県民総ぐるみで、この難局を乗り切れるよう、ご協力をよろしくお願いいたします。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました