【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

【新型コロナ】保育施設 バレー東レでクラスター 静岡県内新たに31人感染2人死亡

【新型コロナ】保育施設 バレー東レでクラスター 静岡県内新たに31人感染2人死亡 参考画像 国内の話題

0

県内では12月16日、新型コロナウイルスに31人が感染したことがわかりました。感染の拡大が収まらず、クラスターが各地で相次いでいます。

<静岡市の担当者>「17例目のクラスターについては、清水区の私立の保育施設です」
 12月13日に清水区内にある私立の保育施設の園児1人の感染がわかり、園児職員を対象にしたPCR検査の結果、新たに園児1人と職員4人の感染が判明しました。あわせて6人の感染が出た保育施設。園児のマスクの着用は保護者の判断に委ねられていました。
<静岡市の担当者>「施設内では職員は全員マスクをしています。利用者(園児)については保護者の意向によって(マスクを)つける子どももいればつけていない子どももいた」
 ほかの園児と職員あわせて22人は陰性ということです。
 県内では16日、31人の感染がわかり、地域別では、静岡市で10人、浜松市と富士市でそれぞれ5人などとなっています。
 男子バレーボールVリーグ・東レアローズは、新たに選手3人の感染を発表しました。東レアローズではこれまでに選手3人の感染が確認されていて、これで合わせて6人になりクラスターと認定されました。県は、感染経路について、チームの練習や移動する時の車内などで感染が広がった可能性があると指摘しました。
<県疾病対策課 後藤幹生課長>「密接して大声を出すスポーツは、掛け声など屋外でも飛沫が飛ぶ可能性がある」
 病床の使用率は県全体で44.9%で、中部地域では60.3%となっています。重症者は14人で病床使用率は51.9%です。

#オレンジ 12月16日放送

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました