【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

【新型コロナ】静岡市がクラスター公表基準を発表

【新型コロナ】静岡市がクラスター公表基準を発表 参考画像 国内の話題

県内では12月7日、新たに35人の新型コロナへの感染が確認されされました。静岡市では駿河区内の工場で新たなクラスターが発生したと発表、事業者名を公表しました。また、田辺市長は今後クラスターが発生した場合の新たな店名の公表基準を発表しました。

<静岡市の会見>「社会的な影響を考慮し、市民の不安を払拭すべく、勇気をもって会社名の公表に同意をいただいた。施設名は不二電子工業株式会社本社工場になります。工場内で勤務する派遣会社の社員の陽性が判明し、本日時点で累計5名の陽性を確認したためクラスターと認定しました」
 静岡市が開いた新型コロナについての記者会見。クラスターが発生した事業所について名前の公表に踏み切りました。クラスターの発生が確認されたのは静岡市駿河区の不二電子工業です。7日までに勤務する派遣社員5人の感染が確認されたことから市は新たなクラスターと認定しました。
<静岡市保健福祉長寿局 和田局長>「不特定多数の人が出入りしているわけではないが、社会的な影響を考慮し、市民の不安を払拭すべく、勇気をもって会社名の公表に同意をいただいた」
 静岡市では6日までに14件のクラスターが発生していますが、静岡済生会総合病院を除くと名前は非公表になっていました。非公表を続ける静岡市には、市民から批判の声も上がったため、田辺市長は業界団体にクラスターの施設名公表をお願いして回りました。
<静岡市 田辺信宏市長>「同意なしで店舗名を公表する基準を厳格化していきます」
 その結果、静岡市は顧客名簿が不正確だった場合や市が求める感染対策に協力しない場合は同意がなくとも施設名を公表することにしたのです。
<静岡市 田辺信宏市長>「公表することで感染拡大防止に役立つかはまだ検証されていません。しかし、市民の不安がそこにあるのならば公表の基準を厳格化して、きちっと公表をしなければいけないだろう」
#オレンジ6 12月7日放送

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました