【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

【新型コロナと喫煙の関係】紙巻きタバコと電子タバコの併用は新型コロナの感染リスクが高くなる!?

【新型コロナと喫煙の関係】紙巻きタバコと電子タバコの併用は新型コロナの感染リスクが高くなる!? 参考画像 国内の話題

大好評✨の吉野先生対談です✨

✅【目次】

00:00 ダイジェスト
00:16 あいさつ
00:25 新型コロナと喫煙の関係
01:26 吉野先生の大好きな前田日明さん
03:07 タバコで害なのは?
09:08 電子タバコはニコチンが濃くなる

✅吉野敏明先生
誠敬会クリニック銀座HP : http://dc3.daredemo.jp/www.yoshino-dc.com/
Facebook : https://www.facebook.com/toshiaki.yoshino.9

✅張徳義SNS
ホワイトSES IVIシステムズ : https://ivisystem.com/engineer/sp/
Twitter : https://twitter.com/SES96743502
Instagram : https://www.instagram.com/cho4848/?hl=ja
Facebook : https://www.facebook.com/profile.php?id=100001937156732
TikTok : https://vt.tiktok.com/LCxhFe/

【コメント】

  1. 吉野先生のお話の中で、紙巻きタバコを「シガー」とおっしゃっていましたが、これは言い間違いかと思われます。
    葉巻=Cigar シガー 小さな葉巻=Cigarlllo シガリロ 紙巻きタバコ=Cigarette シガレット
    葉巻、パイプタバコは通常肺には吸い込まず、口の中でくゆらせて味と香りを楽しみます(口腔喫煙)。紙巻きでも同じ吸い方は可能ですが、パイプタバコに較べると軽く、肺喫煙が主流です。現代のたばこ産業は紙巻き煙草の大量生産と共に急成長してきました。同時に添加物等の「タバコの葉以外のもの」が増えたのでしょう。添加物+肺喫煙が依存度を高めていることは私も体感しました。紙巻きでも無添加煙草に切り替えるだけで体調が違いました。口腔喫煙に変えるとさらに依存度は低下し、銘柄ごとの味わいの違いを楽しめるようになりました。

    あとタバコ有害説の研究では葉巻やパイプタバコが取り上げられていないこと、紙巻きでも銘柄の区別を一切していないことが以前から不思議でした。含有成分量なら銘柄ごとに2~30倍の開きがあるはずなのに・・・。
    葉巻は環境や経済状況、銘柄により個人差が大きいですが、週1本~一日3本くらいの間が標準的な量だと思われます。グラム数に直すと1時間でおよそ10g位燃やすことになるので、紙巻き1本を6分で吸って1時間に10本吸うのと同量。
    パイプタバコはより経済的で、3gで1時間くらい燃えます。なので通常多い人でも1日10gくらいが標準消費量だと思われます。コンスタントに吸って週に50gパック(銘柄により1000円から3000円くらい)の消費になるでしょうか。

    なお電子タバコには、「葉を熱する」タイプと「グリセリン系の溶剤にフレーバーを入れて蒸気化する」ものなど種類があるようです。
    一応「加熱式」と「電子タバコ」と言い分けていたりもするようです。

    細かい話で失礼しました。

  2. 今日はノリノリじゃないですか

タイトルとURLをコピーしました