【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

【特集】新型コロナに負けない!あきらめない!世界一のチアリーディングクラブの“軌跡”

【特集】新型コロナに負けない!あきらめない!世界一のチアリーディングクラブの“軌跡” 参考画像 国内の話題

0

新型コロナの影響で、国際大会への出場チャンスを失った船橋のチアリ―ディングクラブ。
 コロナに翻弄されながらも、チアリーディングへの情熱を貫いた、最後の1カ月間の挑戦。竹内アナウンサーが追いました。

◆再び立ち上がったチームの挑戦
 緑の“芝生”の上。まぶしい太陽の光が降り注ぐ中、何度も、何度も、練習を繰り返すのは…。
 世界一に輝いたことがある強豪、船橋のチアリーディングクラブ「SKEWES(スキューズ)」。

 何時間、ハードな練習を続けても、演技について話し合う、その表情は…マスクの下でも笑みがこぼれています。

 マットも、整った屋内の環境が、無くなっても…。
 1年ぶりに、みんなで身体を寄せ合って演技できる喜びを、噛みしめずにはいられませんでした。

◆3年ぶりに取材に向かうと…
竹内里奈アナウンサー
「こんにちは!お久しぶりです!」

 3年ぶりに取材に伺ったスキューズのみなさん。
 変わらぬ、とびきりの笑顔で迎えてくれました!

 現在は、小学5年生から高校3年生までの18人が所属しています。

 2018年5月。「UCAチアリーディング全米選手権大会」中学生以下の部門で、世界一の栄冠を勝ちとりました。

 2019年にも「The Summit」という国際大会への出場権を獲得。
 2020年5月には、フロリダへ渡米する予定でした。

◆待ち受けていたのは“残酷な現実”
 しかし…。新型コロナウイルスによる、緊急事態宣言。
 それは、2度目の世界への挑戦の“夢”も。船橋の練習場も、奪っていきました。

 どうしても、接触が避けられないため、チアリーディングの代名詞である組技=スタンツは…禁止!

 1番の見せ場であり、チアリーディングのプライド、やりがい。
 そんなスタンツのない演技は、もはや、チアリーディングとは言えません。
 チームメイトに触れられない1年間…彼女達にとって残酷な現実でした。

SKEWES キャプテン 柿岡倖穂さん(高2)
「チアリーディングだから、他のチアダンスと違うのは、スタンツがあることだし、それが人を魅了する。そこが好きで、私もチアをこのチームで続けてきた。それが1年間、一番のチアの楽しみがないというのはつらい」

SKEWES 益﨑理央さん(中2)
「個人競技みたいで、団結感がない練習だった」

 12年前から世界一になると決め、難易度の高いスタンツを子どもたちに教え続けてきた中川陽子コーチ。抑えていた思いが溢れました。

SKEWES 中川陽子コーチ
「スタンツができないということは、チアリーディングじゃないと自分自身が思っていたので、この1年間ずっとどうしたらいいか全然分からなくて」

「自分自身も…みんなもそのような話をあえてしないが、やっぱりスタンツが1番楽しいのでやっていて」

 そんな中、ことし3月…。もう一度、みんなでスタンツができるチャンスが舞い込みました。

◆SKEWESに舞い込んだチャンス 
 去年出場枠を手にした国際大会が、動画審査のバーチャル大会として「スタンツ有り」で、開催されることに!

竹内里奈アナウンサー
「またみんなとスタンツができるとわかった時はどうだった?」

SKEWES キャプテン 柿岡倖穂さん(高2)
「めっちゃ嬉しかった」

SKEWES 小林未空さん(中2)
「スタンツやると聞いたとき、やっとスタンツができるんだ!と」

SKEWES 中川陽子コーチ
「(開催の)メールを見て、まず出たい!って思った。「出たい」と思ったが場所がないと思って…」

 スタンツが禁止されている公民館。
 世界の舞台に、もう一度立つため、中川コーチは、資料を作成し、企業や施設へ出向き懇願…。
 なんとか、練習場所を見つけました。

 それが…企業の敷地内の、この芝生。

竹内里奈アナウンサー
「環境としては少しやりずらい?」

SKEWES 中川陽子コーチ
「十分です!もうスタンツができるだけで、本当に本当に見ているだけで嬉しい」

SKEWES キャプテン 柿岡倖穂さん(高2)
「私も年齢的にそろそろ引退。このスタンツの無い大会が終わったら、私はやめるのか。このチームで、このみんなでスタンツをやることなくやめるのがずっと心残りで…」

「私はやっぱりみんなで、スタンツをやって楽しく終わりたかった」

SKEWES 中川陽子コーチ
「いまやめる子たちは、特にチーム立ち上げ当初からいるメンバーが今回の大会を機に全員やめてしまうので、どうにかして最後の演技はスタンツで終わりたい」

 最後に、みんなでスタンツができる!
 日差しに合わせて、練習場所を変えなければいけなくても…。

 たとえ、オンラインの大会であっても…。
 その手に感じる、仲間の震えや疲れ。

 それこそが、チアリーディングの一番の“喜び”です!

 このメンバーでの最後の演技は、もうすぐそこまできています…。
 SKEWESの“最後の演技”は、続編でお届けします。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました