【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

【環境問題】汚染された国ワースト5、新型コロナで世界の大気汚染が50%も改善?!

【環境問題】汚染された国ワースト5、新型コロナで世界の大気汚染が50%も改善?! 参考画像 国内の話題

【コロナで環境がよくなった?】
「二酸化炭素、オゾン(O3)、メタンガス、PM2.5、PM10(ソ粒子状物質)、一酸化炭素(COM)、二酸化硫黄(SO2)」という言葉を日々ニュースで見すぎたせいでしょうか。「環境問題、地球環境」関連のニュースで、心が揺れ動くことが少なくなっていました。

しかし、越境3.0チャンネルで、ロシアの閉鎖都市ノリリスクの凍土融解を取り上げたときに「地球は思ったよりもやばいのではないか?」と考え直し、今回は世界中の大気汚染について調べてみました。

一方で、バッシ―は4月に東京の街を歩いていると、「空気がきれいになった?」と感じたそうです。実際はどうなのでしょうか?

実際には、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が世界中の環境問題(主に大気汚染、水質汚染)を劇的に改善していました。自動車、人の移動、飲食店舗、工場の稼働等が都市封鎖(ロックダウン)によって大きく制限されたためです。それだけではなく、スタンフォード大学の研究によれば、コロナ禍による大気汚染改善により、7万7000人の命が救われたとのことです。

例えば、ニューヨーク州(アメリカ)ではPM2.5は記録的にきれいになったという観測がありました。パンジャーブ州(インド)では、スモッグが晴れて、30年ぶりにヒマラヤ山脈を見渡せるようになったという比較写真が話題になりました。イタリアの水の都ベネチアの運河は、道頓堀のような水質汚染が問題でしたが、透明感がでるほどにきれいになっていました。

空気質指数(大気質指数、AirQualityIndex)は大気汚染の程度を示す指標です。人口密集、銅採掘、鋳造等の向上の廃棄が盆地にたまっているチリの首都サンティアゴ、パリ協定で改善傾向にありますが現在も石炭産業世界一の中国河北省、米国(ウィスコンシン州、ニューヨーク、アラスカ州)、急激に人口増加したインドの首都デリー、重工業・タール砂漠の砂嵐・サバクトビバッタを抱えるラジャスタン州、自動車工場やメキシコ石油が集中するコアウイラ州等々。中には健康にとって「危険」水準を大きく超える都市もありました。

★2ndチャンネルはじめました
記憶と経験だけで、ゆるく楽しく無編集で世界のお話をします
「石田和靖のおしゃべり」チャンネル登録よろしくお願いします
https://www.youtube.com/channel/UCa8I3DTw-yCHoXk2i_x1PxQ

★新企画「越境3.0 presented by フジトミ」
アフターコロナの世界「インフレとデフレ」これから日本はどっちに向かうと思いますか?

アフターコロナの世界「インフレとデフレ」これから日本はどっちに向かうと思いますか?

★チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCearf15zMK46uSyUAl6SrFw?sub_confirmation=1

【もっとずっと世界を楽しく身近に 〜世界と繋がりたい方へ〜】
★越境3.0オンラインサロン
https://community.camp-fire.jp/projects/view/62353

★Twitter、facebook気軽にフォローください

https://www.facebook.com/kazuyasu.ishida

★著書「行動できない自分」を勝手に変えてしまうスゴイ方法(きずな出版)
https://amzn.to/2DTirjU

【目次】
00:00 コロナで大気汚染が改善?
02:09 アメリカ、イタリア、インドの劇的な改善
06:10 大気汚染を数字で見る
10:41 大気汚染がひどい国ランキング
18:20 ヒアウィーゴ―!

【おすすめ関連動画】
★【コロナ後の経済①】リーマンショックを超える経済危機からの復興計画

【コロナ後の経済①】リーマンショックを超える経済危機からの復興計画

★武漢閉鎖による超副産物!!中国の大気汚染物質が〇〇%激激激激減

武漢閉鎖による超副産物!!中国の大気汚染物質が〇〇%激激激激減

★【6/9(火) 22時00分〜配信】『ニュース女子』 #269(〜あれどうなった?祭り〜 日韓問題 / 日本の外交・防衛問題 / 日本と世界の環境問題)

【6/9(火) 22時00分〜配信】『ニュース女子』 #269(〜あれどうなった?祭り〜 日韓問題 / 日本の外交・防衛問題 / 日本と世界の環境問題)

★結局、コロナで戦争起こるの??奥山真司、リアリストの大御所の説に反論!?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」

結局、コロナで戦争起こるの??奥山真司、リアリストの大御所の説に反論!?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」

★(影響大)コロナで秋葉原はどう変わった? (閉店情報も) Impact of COVID-19 in Akihabara.

(影響大)コロナで秋葉原はどう変わった? (閉店情報も) Impact of COVID-19 in Akihabara.

★今世界の新型コロナの状況 米国と欧州どちらが深刻?インドの緩和のタイミング【世界経済崩壊と食糧危機】

今世界の新型コロナの状況 米国と欧州どちらが深刻?インドの緩和のタイミング【世界経済崩壊と食糧危機】

★北朝鮮の新体制金与正韓国と完全遮断【及川幸久−BREAKING−】

北朝鮮の新体制金与正韓国と完全遮断【及川幸久−BREAKING−】

★元徴用工訴訟日本企業の資産売却へ日本の報復を恐れる韓国【及川幸久−BREAKING−】

元徴用工訴訟日本企業の資産売却へ日本の報復を恐れる韓国【及川幸久−BREAKING−】

★日産崩壊の危機!このまま終わってしまうのか??【赤字, リストラ, ゴーン】

日産崩壊の危機!このまま終わってしまうのか??【赤字, リストラ, ゴーン】

★https://www.youtube.com/watch?v=oGtJFyzWVw0&t=16s

印中軍事緊張化。米国1兆ドル経済対策の追加検討。オーストラリア移民政策。朝のニュース6月8日::::緊急経済対策、原油、先物、日銀、FRB、金融緩和、破綻、地銀、将来性の無い、大企業

#新型コロナウイルス #大気汚染 #水質汚染

【コメント】

  1. 日本の場合は、中国の経済が低下したことが大きいのではないですか?PM2.5が少なかった気がします。花粉と結合して、この季節目が痒くなるのですが、今年は痒くありません。大気に影響のある汚染物質をまき散らしているのでしょうね。経済を優先するにしても、環境にも意識が大切ですね。他国ばかりが悪いわけではありませんが。

  2. 動画ありがとうございました😊いつも楽しく拝見いたしております。
    なんだか非科学的ですが、地球が怒っているような気がしてます。
    環境オタクのような考えはちょっといただけませんが、凄く合理的に考えると
    少しの不便を我慢し、美味い空気を吸った方が良い気がするのは私だけでしようか?

  3. 地球の再生には人間の経済活動って邪魔なのか。

  4. 今後、世界を牛耳る可能性がある環境産業からの視点。教えて下さい。

タイトルとURLをコピーしました