【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

お正月から子供を使った嫌がらせ

お正月から子供を使った嫌がらせ 参考画像 国内の話題

子供が「おい、はげ」母親が笑っていて犬を連れた父親が「いるよ」です。

この父親の「いるよ」とは、アプリで私の盗撮映像を見ているからです。

地域一丸となってRFIDタグを設置して公安主導の犯罪なので裁かれることなく存分に犯罪や殺人が楽しめるので多くの区民が参加しています。

現在では、区を飛び越え多くの国民が放射線照射と盗撮の犯罪に加担して私のレントゲンの裸のライブ配信をアプリで見ています。

ストレス解消になるからですが私に放射線照射を行う時、映画ホステルのショーのようにリンチ裁きと言いアプリで繋がり教員や小学生が参加しています。

人間狩りの盗撮も放射線照射の犯罪も自分達は、安全な所にいて良い国だと思っているので皆喜んで加害に参加しています。

​官僚など公務員、学校関係者が始めたストレス解消の奴隷制度の人間狩りです。

そこに公安と区と地域住民と宗教団体が加害行為を行い国が予算を出しています。

多くの国民がこの犯罪を知ってアプリで盗撮映像や放射線照射を見て娯楽にしています。

今、日本は、映画ホステルのように秘密裏に殺人が行われそれを楽しみとする人間が加害に参加してネズミ講のように広まり最も怖い国になっています。

法律や人権は、裏では破綻しています。この家族のように執拗に嫌がらせをするのが宗教団体加入者です。

2016年4月に伊興中学校で集団で怒鳴られるようになってから同じ住所の近隣3件の家族がやはり子供を使って同じ内容の言葉の暴力を繰り返しました。内容は、「マンコ」「くそはげ」「くそまんこ」「ズラ」「斉藤」「シースルー」「警察」などでした。

自宅に居ても連日この家族のように保育園児まで加害に使い自宅前で嫌がらせが繰り返されました。

地域一帯がしめし合わせ私の放射線照射指示と盗撮の目的の小型チップを設置していて一歩でも外に出ると四方八方から放射線照射が行われて盗撮の媒体としても使われているのでアプリで視聴している子供が追いかけてきて怒鳴ってきました。

怒鳴られない日は、無いほど連日、伊興中学校の校舎から小学校から、区道からコンビニ店員同士が入店と同時に「ハゲマンコだ」と言いスーパー店員同士が笑って指をさしてきました。

旅行先の栃木に行ってもです、、それは、私が16歳で高校の担任に集団ストーカーテクノロジー犯罪のリストに上げtられ36年もの間見知らぬ人間に盗撮映像を見られ私生活を覗かれていたからです。

学生が集団で怒鳴っていたのは、教員や区、公安や地域自治体から嫌がらせ要請と放射線照射と盗撮の協力に地域一帯の民家や車に小型チップが設置されていたからです。

まさかこのような恐ろしい世の中になっていると思わなかったので大津のいじめや福島のばい菌など地域一丸となっておこなっていると言う噂を聞いても信じられませんでした。3.11の事もです。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました