【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

まんが日本昔ばなし「カケスと百姓[0562]」高画質(HD)

まんが日本昔ばなし「カケスと百姓[0562]」高画質(HD) 参考画像 国内の話題

『まんが日本の昔のお話』感想チャンネル(⌒.-)–☆
【新規チャンネル】の登録をお願いします
https://bit.ly/2UXNqDS

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0001~0246』
https://bit.ly/3bs1w8q

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0247~0491』
https://bit.ly/31Ygz6E

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 vol.3』
https://bit.ly/3k1p88p

【Twitter】『まんが日本の昔のお話』
https://twitter.com/FolktalesJpn

【Instagram】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

【Facebook】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

【YouTube】『まんが日本の昔のお話』
https://bit.ly/2URbxUH

カケスと百姓(かけすとひゃくしょう)

[まんが日本昔ばなし0562(0352-A)]
放送日: 1982年07月31日(昭和57年07月31日)
放送回: 第0562話(0352 Aパート)
語り: 市原悦子・(常田富士男)
出典: 神奈川県
演出: 殿河内勝
文芸: 沖島勲
美術: 阿部幸次
作画: 殿河内勝
典型: 由来譚
地域: 関東地方(神奈川県)

カケスは、カシやナラの木の実、どんぐりなどを拾っては地中に埋め、後で掘り出して食べるという習性があります。それは、蓄えたそれらの実を食べて冬を越すからです。しかし、埋めた場所をよく忘れるらしいです。カシの実を好んで食べるので、平安時代から「樫鳥(かしどり)」の名で知られていましたが、江戸時代からは「懸巣(カケス)」とも呼ばれるようになりました。カケスの名前の由来は、巣を懸けるようにして作るからといわれています。ジャージャーとしわがれた声で鳴き、動物の声や他の鳥の声を真似ることもあります。関東地方(神奈川県)のお話。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました