【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

まんが日本昔ばなし「ケシこい、クロクチこい[0669]」高画質(HD)

まんが日本昔ばなし「ケシこい、クロクチこい[0669]」高画質(HD) 参考画像 国内の話題

『まんが日本の昔のお話』感想チャンネル(⌒.-)–☆
【新規チャンネル】の登録をお願いします
https://bit.ly/2UXNqDS

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0001~0246』
https://bit.ly/3bs1w8q

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0247~0491』
https://bit.ly/31Ygz6E

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 vol.3』
https://bit.ly/3k1p88p

【Twitter】『まんが日本の昔のお話』
https://twitter.com/FolktalesJpn

【Instagram】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

【Facebook】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

ケシこい、クロクチこい(けしこい、くろくちこい)

[まんが日本昔ばなし0669(0420-B)]
放送日: 1983年11月26日(昭和58年11月26日)
放送回: 第0669話(0420 Bパート)
語り: 市原悦子・(常田富士男)
出典: 下野敏見『日本の民話 34 種子島の民話 第二集』(未來社)
演出: 前田康成
文芸: 沖島勲
美術: 門屋達郎
作画: 前田康成
話型: 由来譚・犬譚
地域: 九州・沖縄地方(鹿児島県)

九州の鹿児島県に属し、大隅諸島を構成する島の一つである種子島が舞台のお話です。種子島は、「鉄砲伝来の地」であり、我が国唯一の実用衛星打ち上げ基地「種子島宇宙センター」があります。さて、「ケシこい、クロクチこい」は、狩人が二匹の犬を呼ぶときの「ケシ来い、クロクチ来い」という呼び声です。薩摩弁では「来い」というのを「ケ」といいます。「ケシこい、クロクチこい」は、「ケシケクロクチケ」が元の言葉だったと考えられます。このお話は、一見伝説風ですが、日本全国で語られ、昔ばなしの分類では、動物昔ばなしの中の「狩人と犬」となります。昔ばなしというのは面白いもので、伝説は真実らしくなるのが特徴です。それは、昔ばなしの真実化や伝説化という現象ではないかと考えられます。そして、今でも山奥へ行くと二匹の犬が出てきそうで、背筋が少し寒くなるような淋しさを覚えます。九州・沖縄地方(鹿児島県)のお話。

#まんが日本昔ばなし
#日本昔ばなし
#高画質

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました