【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

まんが日本昔ばなし「地獄めぐり[0584]」高画質(HD)

まんが日本昔ばなし「地獄めぐり[0584]」高画質(HD) 参考画像 国内の話題

『まんが日本の昔のお話』感想チャンネル(⌒.-)–☆
【新規チャンネル】の登録をお願いします
https://bit.ly/2UXNqDS

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0001~0246』
https://bit.ly/3bs1w8q

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0247~0491』
https://bit.ly/31Ygz6E

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 vol.3』
https://bit.ly/3k1p88p

【Twitter】『まんが日本の昔のお話』
https://twitter.com/FolktalesJpn

【Instagram】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

【Facebook】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

【YouTube】『まんが日本の昔のお話』
https://bit.ly/2URbxUH

地獄めぐり(じごくめぐり)

[まんが日本昔ばなし0584(0366-A)]
放送日: 1982年11月06日(昭和57年11月06日)
放送回: 第0584話(0366 Aパート)
語り: 常田富士男・(市原悦子)
出典: 栃木県
演出: 杉井ギサブロー
文芸: 杉井ギサブロー
美術: 馬郡美保子
作画: 馬郡美保子
典型: 伝承信仰
地域: 東北地方(栃木県)

弘仁11年(820年)日光を訪れた弘法大師空海は、滝尾神社を開き、次いでこの奥の寂光の滝で修行したそうです。夢の中で女神のお告げを受け、ここに祠を建てたと伝えられています。室町時代には、寂光寺の七堂伽藍が立ち並び、釘念仏道場として繁栄したそうです。文明年間(1469~87年)に、寂光寺で修業中に17日間の「地獄めぐり」を経験した覚源上人が閻魔大王に頂戴した「釘念仏札」には四十九の穴があいていたそうです。死ぬ苦しみじゃなくて死後も苦しむで、この札をもって念仏を唱えれば本人のみならず地獄で苦しむ者も救われるということで、寂光寺から釘念仏供養が広まったといわれています。釘念仏のお札は、現在も輪王寺で受けることができます。それから、寂光寺は明治4年(1871年)の神仏分離で寂光権現が廃され、寂光が若子に改められ若子神社になったといわれています。東北地方(栃木県)のお話。

※同日放送の[0366-B]は『ばったり沢の狐(ばったりざわのきつね)[0189]』を再放送
ばったり沢の狐[0189] 高画質(HD)
https://dai.ly/x7v96qt

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました