【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

まんが日本昔ばなし「石の中の話し声[0696]」高画質(HD)

まんが日本昔ばなし「石の中の話し声[0696]」高画質(HD) 参考画像 国内の話題

『まんが日本の昔のお話』感想チャンネル(⌒.-)–☆
【新規チャンネル】の登録をお願いします
https://bit.ly/2UXNqDS

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0001~0246』
https://bit.ly/3bs1w8q

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0247~0491』
https://bit.ly/31Ygz6E

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 vol.3』
https://bit.ly/3k1p88p

【Twitter】『まんが日本の昔のお話』
https://twitter.com/FolktalesJpn

【Instagram】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

【Facebook】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

石の中の話し声(いしのなかのはなしごえ)

[まんが日本昔ばなし0696(0437-A)]
放送日: 1984年03月31日(昭和59年03月31日)
放送回: 第0696話(0437 Aパート)
語り: 市原悦子・(常田富士男)
出典: 埼玉県国語教育研究会『埼玉のむかし話』(日本標準)
演出: 古辺光治
文芸: 沖島勲
美術: 阿部幸次
作画: 上口照人
話型: 由来譚
地域: 関東地方(埼玉県)

埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野に鎮座する八剣神社(やつるぎじんじゃ)が舞台のお話です。八剣神社の祭神は日本武尊です。東国平定のときに、ここを通られた日本武尊は、大きなケヤキの下で休息を取りました。そこで延暦年間に里人が、日本武尊を慕って祠を建ててお祀りしたのが創始と伝えられています。そして、お話にもある通り、鳥居のそばに信濃石と呼ばれる大きな石があります。この石の名が由来となり、付近は地名まで信濃石と称するようになりました。八剣神社の境内に入ると、うっそうとした樹が茂って、古代の英雄が活躍した頃に触れることができます。関東地方(埼玉県)のお話。

#まんが日本昔ばなし
#日本昔ばなし
#高画質

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました