【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

まんが日本昔ばなし「磯右ヱ門[0539]」高画質(HD)

まんが日本昔ばなし「磯右ヱ門[0539]」高画質(HD) 参考画像 国内の話題

『まんが日本の昔のお話』感想チャンネル(⌒.-)–☆
【新規チャンネル】の登録をお願いします
https://bit.ly/2UXNqDS

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0001~0246』
https://bit.ly/3bs1w8q

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0247~0491』
https://bit.ly/31Ygz6E

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 vol.3』
https://bit.ly/3k1p88p

【Twitter】『まんが日本の昔のお話』
https://twitter.com/FolktalesJpn

【Instagram】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

【Facebook】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

【YouTube】『まんが日本の昔のお話』
https://bit.ly/2URbxUH

磯右ヱ門(いそえもん)

[まんが日本昔ばなし0539(0337-A)]
放送日: 1982年04月17日(昭和57年04月17日)
放送回: 第0539話(0337 Aパート)
語り: 市原悦子・(常田富士男)
出典: 和歌山県
演出: 堀口忠彦
文芸: 境のぶひろ
美術: あかばんてん
作画: 堀口忠彦
典型: 頓知話・教訓譚
地域: 関西地方(和歌山県)

機に臨み変化に応じて、適切な手段を施すことを、「臨機応変(りんきおうへん)」といいますが、元々は仏教用語で中国の仏教書に登場した言葉です。仏教では、この世の一切の事物や現象は常に変化し、不変のものはないとする「諸行無常」を大切に説いています。諸行無常であるが故に、一切の事柄は常に変化します。だから、その変化に応じましょうというお釈迦様の対応力を表した言葉が「臨機応変」です。また、仏教において、「機」とは対象のことを指し、「人」を表す言葉であることから、「その人その人に応じて変化する」という意味合いもあるようです。つまり、これは対人力ということなのでしょう。言葉の成り立ちというのは面白いものですね。関西地方(和歌山県)のお話。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました