【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

インフルと新型コロナの同時流行も 今できる備えは(2020年9月29日)

インフルと新型コロナの同時流行も 今できる備えは(2020年9月29日) 参考画像 国内の話題

去年の今ごろ、インフルエンザの感染はすでに増加しつつありました。コロナと合わせての警戒となる今年は同時に感染することもあり得るようです。

 発表会の練習中にも手放せない感染予防のマスク。もはや、あらゆる場面で新型コロナウイルスへの対策は日常となっています。熱の入った演技指導中もディスタンスとマスクは外せません。
 そんななか、次第に秋の気配も深まり、徐々に心配になってくるのはインフルエンザです。実は、今年のインフルエンザの患者数は例年に比べて極端に少なく、20日まででわずか11人。背景にあるのは、やはり・・・。
 厚生労働省担当課:「少ない要因を評価するのは難しいが、新型コロナ感染予防など、国民意識の高まりが背景にあるとみられる。また、海外からの往来も例年に比べて限定的なことも理由として考えられる」
 ただ、厚生労働省の担当課によりますと、インフルエンザは例年、年末や年明けにピークを迎えるので、この時点で流行っていないからといって油断はできず、特にコロナ禍の今年は例年よりも備えが必要だといいます。
 保育園も不安はあると話します。
 キャンディパーク保育園・武藤大助園長:「コロナの病気が100%解明できていない状態でインフルエンザが来るというのはやっぱり怖いですよね。僕らは子どもたちを安全に保育するという任務がありますので、検温と消毒、手洗い、換気、マスク、これは確実に行っていきたい」
 また、都内にある高齢者施設では「コロナ」と「インフル」、それぞれの症状に区別がつかないことで混乱を招くのではと懸念します。
 懸念される新型コロナウイルスとの同時流行。厚労省は来月1日以降、65歳以上の高齢者を優先してワクチンの接種をするよう呼び掛けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【コメント】

  1. コロナはただの風邪って言ってた奴息してるかー?😆

  2. 👍

  3. 人間の受容体には限りがあり、一つのウイルスしか受け取れないので、同時にかかると言うことはない、同じ地域で2つ流行するかもしれないが、同じ人が二つかかる事はないときいたよ

  4. 中国人来なければインフルも来ない

  5. 新型コロナに世界が翻弄されてるが、インフルエンザや風邪の定番の季節に到来したね。もう~マスクは顔の一部に成るのはやむを得ないのかな?花粉症が可愛く感じる今日この頃❗

  6. ショッカーが香水を歌う、、、この保育園嫌かも

  7. マスクと手洗いの効果?

  8. この国を乗っ取ってやる ワッハッハ
    (テレ朝ANNからのメッセージ)

  9. 三密さけるコロナ対策がインフルエンザにも効果覿面!カメハメ波!

  10. 3Dグラフは止めろ

タイトルとURLをコピーしました