【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

トイレは新型コロナウイルスの感染危険地帯の可能性

トイレは新型コロナウイルスの感染危険地帯の可能性 参考画像 国内の話題

排水管を通して糞便エアロゾールにより新型コロナに感染した疑い。DNAパパが動画で紹介した新型コロナウイルスに効果があるプラズマクラスターのリンク: https://amzn.to/3fpfqte
新型コロナウイルスの抑制効果のあるナノイーのリンク: https://amzn.to/2YqqZJY

トイレが新型コロナウイルスにうつりやすいかもしれないと言われてきたが、今だ確証はない。しかし、中国、広東市の排水管を通して糞便エアロゾールにより新型コロナウイルスに感染したケースが本当なら、高層ビルのトイレは感染対策をしたほうがいいかもしれません。感染対策は自分でもできますので是非ビデオをご覧ください。@DNAパパ

DNAパパのホームページ DNAの話 参考文献と出典はこちらから :
https://dnanohanashi.com/toiletdangerouscovid19/

【コメント】

  1. 広東市ではなく、広東省です。人口は日本並み、面積は日本の半分ぐらい。

  2. コロナが大流行したら迂闊に外でトイレ行けなくなる😓

  3. セブンイレブンのトイレでインフルになったから、たぶん危険地帯だ。
    換気扇も人感センサーですぐに止まるから、コンビニオーナーの方はセンサー切りにして、換気扇を回しっぱなしにしてほしい。

  4. 機内は換気あるというものの、椅子や乗客など障害物により乱流が発生。流体学的にいう乱流換気。コロナは舞う。
    航空機のトイレなど… 超密閉空間の上に、エアロゾル感染、飛沫感染、接触感染の典型的三悪条件。構造上、根本的な改造が必要だろーね。

タイトルとURLをコピーしました