【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

プロフェッショナル「特別企画!プロのおうちごはん第3弾」2020年5月19日

プロフェッショナル「特別企画!プロのおうちごはん第3弾」2020年5月19日 参考画像 国内の話題

プロフェッショナル「特別企画!プロのおうちごはん第3弾」2020年5月19日
緊急企画「おうちごはん」第3弾。自宅で過ごす時間を楽しくするために『食』を究めたプロが結集し、簡単・絶品レシピを紹介。『伝説の家政婦』と呼ばれるタサン志麻さんは「フランス風グラタン」。世界一のジェラート職人・柴野大造さんは「アイスケーキ」。ショコラティエ・三枝俊介さんの「フレンチトースト」など今すぐ作りたくなるレシピが満載。ふだん料理しない方も大丈夫!一歩踏み出せば、きっと、うまくいくはず。
「特別企画!プロのおうちごはん第3弾」 – https://www.nhk.jp/p/professional/ts/8X88ZVMGV5/episode/te/YZJNPJNQW7/ #NHK # #プロフェッショナル # #仕事の流儀

「お手軽レモンケーキ」
【材料】(2~3人分)
ホットケーキミックス 150g
レモン汁 30g(一個分)
バター 60g
ハチミツ 30g
卵 1個

【作り方】
1:レンジまたは鍋でバターを溶かす。
2:ボウルにホットケーキミックスを入れ、残りの材料を全部入れて混ぜ、型に入れる。お好みで、輪切りのレモン(分量外)をのせる。
3:180度に予熱したオーブンで30分から40分、レモンに焦げ目がつくくらいまで焼く。
4:熱いうちに、表面にハチミツ(分量外)を塗る。

「らくらくフランス風グラタン(アッシ・パルマンティエ)」
【材料】
<ジャガイモのピュレ>
ジャガイモ(メークイン) 5個
バター 25g
牛乳 150ml

<牛肉のトマト煮>
牛こま肉 250g
タマネギ 1個
トマト缶 1缶(400g)
ケチャップ 大さじ3
中濃ソース 大さじ2
砂糖、塩、こしょう 適量
油 適量
ピザ用チーズ 適量

【作り方】
<ジャガイモのピュレ>
1:ジャガイモを適当な大きさに切り、柔らかくなるまでゆでる。
2:ゆで汁を切って、フォークでしっかりつぶす。水分が気になったら、鍋に戻して水分を飛ばす。熱いうちにバターを混ぜる。
3:弱火にかけ、牛乳を2、3回に分けて加えてのばし、ひと煮立ちさせる。

<牛肉のトマト煮>
4:牛こま肉は一口大に切る。冷凍肉を使用する場合は、できれば前日から冷蔵庫で解凍する。タマネギは薄切りに。フライパンに油をひいてタマネギを入れ、軽く塩を加え、弱めの中火でしんなりするまで炒め、牛肉を加えてさらに炒める。
5:肉の色が変わったら、トマト缶を汁ごと加えて、水を100ml、ケチャップ、中濃ソースを加えて、弱めの中火で約10分煮詰める。好みで塩、こしょうを加える。酸味が強ければ、砂糖を大さじ1程度加える。
6:グラタン皿に5をしいてジャガイモのピュレをのせ、チーズをかけて、250度に熱したオーブンで20分程度熱し、表面に焼き色がついたら完成。

▼焼き鳥店主・池川義輝さん

「焼き鳥屋さんの鶏スープ」
【材料】
<スープ>
ネギの頭(青緑の部分)
ショウガ少々 1片10g
モモ肉の皮
塩 少々
さらしネギ

<鶏だんご>
モモ肉 30g
かたくり粉 少々
しょうゆ 少々
塩 少々
ゴマ油 少々
ゴマ 少々

【作り方】
1:モモ肉の皮を取り、細かく切る。
2:モモ肉を粗めに刻み、かたくり粉、しょうゆ、塩、ゴマ油、ゴマを加えてこねる。
3:ネギの頭・ショウガを鍋に入れる。ショウガは皮を削らずに入れると風味が増す。
4:皮を入れ、沸騰させる。沸騰したらアクを取る。
5:2をだんご状にこね、鍋に入れる。
6:みつばを入れ、10分程度煮詰める。
7:10分たったらネギとショウガを取り出し、塩で味を調整し、刻んだネギを入れて完成。

「焼き鳥屋さんの親子丼」
【材料】
ご飯
卵 2個
皮を取ったモモ肉 5切れ (1切れ10g)
ネギ 少々 (火が入りやすいよう、十字に切る)
タレ(しょうゆ10g+みりん10g)→めんつゆでも可
みつば 適量

【作り方】
1:先にモモ肉とネギをフライパンで焼く。
2:火が入ったら、1をご飯の上にのせる。
3:フライパンに鶏の脂を残したまま、卵をスクランブルエッグの要領で加熱する。
4:卵が固まってきたら、タレをかけてなじませる。
5:4を2の上にのせ、みつばをのせて完成。

▼ショコラティエ・三枝俊介さん

「チョコがしみる、フレンチトースト」
【材料】
食パン5枚切り 3~4枚

<漬け込み液>
牛乳 250cc
卵 2個
砂糖 20g
チョコレート 100g

<キャラメルソース>
グラニュー糖 50g
水 適量
オレンジジュース 50cc

<トッピング>
季節のフルーツ(番組ではイチゴ、バナナ)
粉砂糖 (あれば)

【作り方】
<パン部分>
1:食パンの耳を切り落とす。耳は後ほど残った漬け込み液につけて、オーブントースターなどでカリっと焼いてもいい。
2:液がしみ込みやすいように、食パンに竹串で穴をあけておき、パックに入れる。
3:チョコレートを細かく割りボウルに入れる。
4:卵に砂糖を加えかき混ぜる。
5:牛乳を鍋に入れ加熱。半分はチョコレートのボウルに入れ、牛乳の熱でチョコレートが自然に溶けるまで待つ。溶けたら、かき混ぜる。
6:残り半分の牛乳は4に加え、混ぜる。
7:5と6を混ぜ、こし器で卵の繊維をとる。
8:2に7を入れ、液をパンの中までしみ込ませ、1~2時間冷蔵庫で漬け込む。
9:ホットプレートを一番熱い状態にし、バターをしき、8を強火で1分焼く。
10:フタをして、弱火で3分蒸し焼きにする。

<キャラメルソース>
11:鍋に50gのグラニュー糖を入れ、浸る程度の水を加え、火にかける。
12:油揚げのような色になったら火を止め、オレンジジュースを少し入れる。
13:再び加熱し、煮溶かしながら少しずつオレンジジュースを入れていく。
14:沸騰させてから冷ます。

<仕上げ>
15:10を皿に盛り付け、キャラメルソース、フルーツなどでトッピング。温かいうちに食べる。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました