【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

マイ ムービー

マイ ムービー 参考画像 国内の話題

舎人公園ですれ違った人間や犬が透明になる。
この映像では、舎人公園の樹木や地面、金属の柵などさまざまな所に設置されたスマートダストに外部から一括で無線通信を行い私に対する放射線の当て方の形を至る所のスマートダストのセンサーが波模様で表しています。
すれ違った女性の縞模様のシャツですが数秒の間に何パターンもの模様が切り替わりその方の腕が消えています。
腹部は、透明になりこの女性の奥にある柵が腹部に写っています。
舎人公園内で撮影された犬ですが顔や体が半分消え白く光っています。
そして犬を連れている飼い主は、青く発光して頭部や腕が消えています。
すれ違った男性の映像を確認すると腕と肩が消えています。
そしてもう一つの動画が自宅前の私有地の小型チップの放射線の当て方の指示の切り替わりの映像になりますが最後の映像で電離放射線が当たっているため地面に灰色の煙のようなものが立ち込めていますが上空からの電離放射線が地面の小型チップにあたりさらに電線などに設置された小型チップにも電離放射線が当たりそこから一斉に私に放射線が当てられているため一帯がこのようにブレています。
もうひとつの映像が自宅ないの窓ガラスの小型チップの映像と網戸の小型チップの映像と自宅から外を見た時の電線などの小型チップの映像と敷地内の地面の小型チップの映像ですがただ小型チップが写っているだけではなくそこに無線の電波が送られてきているので超音波のような波の切り替わりが写っています。この超音波のような波の切り替わりは先ほどの舎人公園の女性の衣類の縞模様にも写っていましたが私が移動する先々で一括して無線の電波がスマートダストに送られ上空からの電離放射線が私が行く先々のスマートダストにあたりそのスマートダストから私に電離放射線が当てられているため一帯がブレています。
この映像のようにすれ違う人間の靴やバッグ、メガネや帽子、衣類や自転車、地面や電線などに設置された小型チップから私の脳波を追跡して上空から当てられる電離放射線が当たりそこから至近距離でさらに私に放射線が当てられるため周りにいる人間に電離放射線があたっています。私は45歳まで8年ほど品川方面の会社に勤めていましたが その時そのビル一帯におそらく電離放射線が当てられていました。
例えば9時間社内にいるとしたら一緒にいる同僚などにも9時間放射線があたっていうことになります。
竹の塚警察署に自宅前の伊興中学校の嫌がらせのことで全伊興中学校校長に警察に相談するように言われ継続して相談していましたが竹の塚警察の婦人警官から強い口調で「足立区から出て行ってよ、引き払って引っ越してよ、追いかけてくるとでも言うの嫌がらせをしている人が」と言われました。この意味は、上空からの電離放射線は、常に私の脳波を追跡してどこに移動しても追いかけてきます。そして光の祭典の時のように周りにいる人たちに電離放射線が当たります。
自分たちが予算と利益のために選別した私を今度は、邪魔になったので区から追い出そうというのです。
盗撮映像を広めるだけ広め責任転換をするため他の地区に追い出そうとしました。
2016年から伊興中学校の嫌がらせが激化したのはおそらくそのためです。
けれど私が移動すれば移動した先の区や地域に電離放射線が当たります。
電離放射線が当たっているのは竹の塚警察のように私を選別して人体実験を行う組織があるからです。そして長い間予算を引っ張るため決してこの人体実験をやめることはありません。
私は竹の塚警察に電話した時に電話に出た男性に笑いながら「何、放射線を当てるのをやめてほしいの」と言われました。今までの音声記録は全て残してありますがはっきりと犯罪をほのめかしていました。自宅内のスマートダストの事も衛星5機のこともです。
母を虐待しているといい冤罪で持っていかれそうになった時も電話に出た女性警官は笑っていました。 怒りながら区から出て行けと竹の塚警察に言われても私は何の犯罪も犯していません。
それどころか長年竹の塚警察に盗撮映像を広められ風評被害を流され人体実験のために利用されてきました。親族や周りの人間に加害行為を依頼したりパソコンスクールや職場にも盗撮を依頼したり監視を依頼したり加害行為を依頼されてきました。
そして私と10年近く結婚生活を送っていた男性ですが加害組織の人間です。
この加害行為を主になっておこなっている人間は、宗教団体加入者や建設会社従業員や自民党の支援者など金銭が絡んでいるか宗教団体や政治のために働いている人間が加害行為を主になって行なっています。
他の被害者の中では、主に行なっているのが清和会だと言っている方達もいますが私からすると地域全体、国全体で行えている犯罪です。ただ主になっておこなっているのはあくまでも私の場合ですが学校関係者や警察地元の建設会社や工務店、創価学会加入者の家族です。
そして古くから地域にいる人間は、自民党の支援者が主になって課外活動を行っています。
地元のヤンキーなど伊興中学校との関連がある人間も加害活動に参加しています。
この動画で使っているのはソニーアクションカムのアクションカメラです。
私は谷在家方面で私に向かって車内からカップルが生きた猫を怒鳴りながらガードレールに叩きつけたの見ています。おそらく猫は死んでしまったのですが同じような記事を週刊誌で見たことがあります。それは自分が被害にあったあと調剤薬局の週刊誌で見たのですがある宗教団体がそのような事を脱会者や敵対する人間にすると書いてありました。
そして Facebook などの宗教団体の被害者の会は、さくらで実際はその宗教団体が自分たちを好ましく思ってない形を集めるために被害者の会を作っています。
集団ストーカーテクノロジー犯罪の被害者の会なども同じですが本当の被害者を集めるために被害者の会を立ち上げています。なので宗教団体の悪口を言っているからと言って簡単に信じてしまうのは、危険です。無理に接触しようとしてくる方や関わってこようとしている方を一旦よく見てから判断したほうがいいと思います。
通常なら手ぶれ機能もついていてスポーツなどの激しい動きを撮影するアクションカメラなのでこのような映像にはなりませんが私が撮影すると自宅内でも外でもこのような映像になります。
ソニー SONY アクションカムは2台持っていましたが2台とも同じ現象が起こりビデオカメラもソニーのハンディカムを持っていますがやはりこのように撮影されてしまうので何度かメーカーに点検と修理の依頼をお願いしましたが新品で購入して問題はないとのことでした。そしてメーカー側の回答ですがこのような映像やこのような現象見たことがないと言われました。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました