【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

一軒隣のYさんの嫌がらせ

一軒隣のYさんの嫌がらせ 参考画像 国内の話題

2020-11-19
移動する自転車の線は、粒子の中に入った事によって出来ています。

もう長年ですが私有地でお子さんとお子さんの友人を使った言葉の嫌がらせです。お子さん達は、和室の扉が開いていると覗きながら「占い師、警察」とさんざん嫌がらせをしていきました。嫌がらせは、毎回です。今この記事を書いていても分かりやすくMYDOSE1.000μSv/h​の危険値のブザーが鳴っています。同じ住所の3件は、大人も私有地で「ハゲマンコ」「はげ」「警察」を繰り返しました。スーパー店員やコンビニ店員や旅行先の栃木でもです。これらは、集団ストーカーテクノロジー犯罪のリストに30年以上前から上がった私が地域住民を始めとして現在では、全国の国民の多くに放射線照射をされた状態でのレントゲンの裸のライブ盗撮を見られていてその事を言っています。盗撮映像は、子供にも嫌がらせと監視要請が周りアプリで見せています。放射線照射も私に放射線照射の指示が書かれた小型ICチップが近隣の樹木や住宅、至る所に設置されていて地域一丸となって行っています。
私の犯罪によって多くの人間が加害組織に参加するようになってしまっています。よく、創価学会だけが犯人と言っている人間がいますが違います。確かに大きく関わっていますし実行犯ですが公安、病院、公務員、建設会社、大手民家企業、弁護士、裁判所、放射線関連施設、防衛省、自衛隊、他の宗教団体、地域自治体、全て関わっている秘密裏にずっと昔から行われてきた国家犯罪です。元々教員のOBが始めた犯罪なので子供の自殺は、衛星を使ったライブ盗撮のターゲットに大きく関わっているのだと思います。子供のいじめを教員がやらせているなど私も自分が被害に遭い伊興中学校と足立区と民事調停後、嫌がらせが地域で激化した2016年4月から2020年3月まで気がつかなかったのです。この犯罪でかなりの預金を使い何度も弁護士相談に行き放射線測定器を買い防犯カメラやビデオカメラを買い自分の目で確認してそこでやっと国家犯罪だと分かります。例えば伊興中学校の4階から私がトイレに入ったと同時に「おい、あいつトイレにはいったぞ」と怒鳴り声がしたり曲がり角の手前で小学生の集団が私が見える前に「ハゲマンコ」と怒鳴っているこれは、アプリで嫌がらせの時間繋がっているからです。放射線照射の時間もです。そしておそらく私自身をライブ盗撮は、していますが私が見ている物もモニターに映っているはずです。そして、考えている事も解読されています。一般の方なら「貴方は、犯罪歴がありますか、、何か重要人物ですか、、と言うはずですが私は事件を起こしたことも他人に危害を加えた事もありません。何もかも人より劣ったコンプレックスの塊で引きこもりがちの高齢者です。ほとんど人付き合いは、親族だけであまり積極的に人と関わろうとした事がありません。ただ事件を起こしていない人間から人権も全て奪い裸の盗撮や放射線照射や言葉の暴力が行われている国になっていたと分かっただけでも避難先の実家から自分の自宅に戻って来てよかったと思っています。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました