【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

今注意すべき点は? 県新型コロナ専門委 櫻井委員長 生出演<岩手県> (21/04/05 20:20)

今注意すべき点は? 県新型コロナ専門委 櫻井委員長 生出演<岩手県> (21/04/05 20:20) 参考画像 国内の話題

0

滝澤悠希アナウンサー:
岩手県の新型コロナ対策専門委員会・櫻井滋委員長にお越しいただいています。
今、県民に何が必要なのかお話をうかがってまいります。
櫻井さんは先週、この番組でお伝えしたインタビューで、「岩手には本当の第一波が到来しつつある」とお話しされていました。
改めて現状について、どう捉えているのでしょうか。

県新型コロナ専門委 櫻井滋委員長:
今までは、どなたから移り始めたかが分かっていたわけですが、今はそれが分からなくなりつつある。ということは、どこでも移るし、街の中でも移るということになる。その意味で「真の第1波」と申し上げた。

滝澤悠希アナウンサー:
改めて気を引き締めないといけないですね。
では、ここで県内の状況を見ていきます。

住本結花アナウンサー:
最近2週間に県内で確認された患者117人についてまとめました。
やはり、多いのがクラスターの関連です。
盛岡市の教育保育施設では48人、10代の女性を中心とするスポーツ活動の関連が16人となっています。
また、公表の段階で他の患者との接触が確認されていない、つまり感染経路が不明という方が18人となっています。
年代別では60代以上の割合は低くなっていますが、年齢層が下がるほど患者が多くなっていて、10歳未満が25人、10代が21人と、10代以下が全体の4割を占めています。

滝澤悠希アナウンサー:
櫻井さん、「本当の第1波」のポイントとして挙げていた、感染経路不明の方が徐々に増えてきている印象がありますね。

県新型コロナ専門委 櫻井滋委員長:
そうですね、多分県外との行き来がかなり活発になったことが一つの要因なんですが、それ以外に若い世代が、例えばスポーツ大会とかで遠征する機会が増えたり、それが背景にあるのではと考えています。

滝澤悠希アナウンサー:
いま、若い世代というお話がありましたが、10代以下の患者が増えています。
子供にも感染しやすいという「変異ウイルス」が、岩手でも2例確認されています。
この点の影響はどうお考えでしょうか?

県新型コロナ専門委 櫻井滋委員長:
ご心配かと思いますが、まだ数が少ない。つまり、件数の数が少ないということは、直接の影響はまだないと思います。ただ、今後必ず入ってきます。そうなると、高齢の方々も変異株に感染する可能性もありますので、年齢に関わらず気を付けていただければと思います。

滝澤悠希アナウンサー:
年齢問わずの対策が必要になってきますね。
そして、コロナ禍と言われる状態が1年以上続いていますが、全国的な患者数も増減を繰り返している現状があります。この点についてはどうお感じでしょうか?

県新型コロナ専門委 櫻井滋委員長:
皆さんは増減することにも慣れてきた感じがすると思いますが、実は奇数月に起こったことが偶数月に表れるというパターンがあります。実は奇数月というのは節句の時なんですね。お祝い事や会食が多い時期になるためです。例えば今、仙台で感染者が増えているのは3月のイベントの影響。ということは次の5月には、また注意しなければいけないと思います。

滝澤悠希アナウンサー:
つまり、奇数の月に感染の広まりがあって、数字としてわかるのが偶数の月ということですね。さらに、春は人の移動が多い時期ですし、本来であれば花見シーズンも本格化するところですが、宮城で患者が急増するなど予断を許さない状況です。
今、私たちはどんなことい気を付けるべきなのでしょうか?

県新型コロナ専門委 櫻井滋委員長:
特に大人世代は、転勤などであいさつ回りというのがありますよね。その時に名刺交換とか、従来からの方法ではなくて、むしろメールやスマホを使った名刺交換をお勧めしたいですね。

滝澤悠希アナウンサー:
今は色々な技術があって、直接会わなくてもコミュニケーションをとることができますね。一方で、どうしても食事をとらないといけない、人と会わないといけないという状況もあると思います。そういったときは、どういった対策をとるべきなのでしょうか。

県新型コロナ専門委 櫻井滋委員長:
この1年で、マスク会食という言葉も出てきて、外したり付けたり面倒だと思うかもしれないが、今こそ、そういったことをして頂ければ効果がでると考えています。

滝澤悠希アナウンサー:
改めて、対策の徹底ということですね。
そして、櫻井さんは新型コロナウイルスのワクチン接種をされたそうですが、印象としてはどうだったでしょうか。

県新型コロナ専門委 櫻井滋委員長:
インフルエンザのワクチンとそう変わったものではありません。人によっては腫れたり、熱が出たりすることはあるが、安全に接種できる状況になっているので、ぜひ受けて頂きたい。

滝澤悠希アナウンサー:
受けられる方は受けるべきとういことですね。

県新型コロナ専門委 櫻井滋委員長:
そうですね。

滝澤悠希アナウンサー:
県の新型コロナ対策専門委員会・櫻井滋委員長ににお話をうかがいました。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました