【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

天狗の花[0369] 高画質(HD)

天狗の花[0369] 高画質(HD) 参考画像 国内の話題

『まんが日本の昔のお話』感想チャンネル(⌒.-)–☆
【新規チャンネル】の登録をお願いします
https://bit.ly/2UXNqDS

【再生リスト】『まんが日本の昔のお話 0001~0246』
https://bit.ly/3bs1w8q

【Twitter】『まんが日本の昔のお話』
https://twitter.com/FolktalesJpn

【Instagram】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

【Facebook】『まんが日本の昔のお話』
https://www.instagram.com/folktalesjpn/

【YouTube】『まんが日本の昔のお話』
https://bit.ly/2URbxUH

天狗の花(てんぐのはな)

[まんが日本昔ばなし0369(0231-A)]
放送日: 1980年04月05日(昭和55年04月05日)
放送回: 第0369話(第0231回放送 Aパート)
語り: 市原悦子・(常田富士男)
出典: 二反長半『名作文庫 5 空を飛んだ楼門』(平凡社)
演出: 馬郡美保子
文芸: 漉田實
美術: 馬郡美保子
作画: 馬郡美保子
典型: 妖怪譚・天狗伝説
地域: 近畿地方(大阪府)

大阪府吹田市中西部の千里山が舞台のお話です。天狗というと「長い鼻」「赤くいかつい顔」「高い下駄」の姿がお馴染みです。馴染みある天狗の「長い鼻」の登場は、室町時代の絵師である狩野元信が鞍馬大僧正を描いたのが最初だといわれています。その際、烏天狗より力強く、より威厳に満ちて表現することを意図して、猿田彦大神(サルタヒコ)の容姿を参考に描いたことで、そのような姿になったといわれています。ちなみに、猿田彦大神は白鬚(しらひげ)大明神として、航海安全、長寿、農耕の神として信仰されています。近畿地方(大阪府)のお話。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました