【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

感染急増に備え対応検討 新型コロナ 医療体制検討委員会<岩手・盛岡市>  (21/03/26 16:30)

感染急増に備え対応検討 新型コロナ 医療体制検討委員会<岩手・盛岡市>  (21/03/26 16:30) 参考画像 国内の話題

0

岩手県は3月25日夜、新型コロナウイルスの医療体制検討委員会を開き、今後感染が急増した場合の対応について話し合った。

新型コロナウイルスの患者について、県では症状の程度に関わらず感染確認後は必ず医療機関に入院させる対応を取ってきた。
しかし、病床の確保について国が見直しを求めていることを踏まえ、患者が急増した場合、診察で重症化のリスクが無ければ、最初から宿泊療養施設で受け入れる方針を固めた。

県保健福祉部 野原勝部長
「事前に今のうちから想定しておくべきということ。これまでの知見も重なってきたので、柔軟な運用はある程度合意された」

また、自宅療養については、これまでに県内での事例は無いものの、さらに患者が増えるような場合にはルールを検討するとしている。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました