【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナ 新たに36人の感染を確認 過去2番目の多さ<岩手県> (21/05/01 20:00)

新型コロナ 新たに36人の感染を確認 過去2番目の多さ<岩手県> (21/05/01 20:00) 参考画像 国内の話題

0

5月1日、岩手県内では新たに奥州市の高齢者施設でクラスターが発生するなど、これまでで2番目に多い36人の新型コロナウイルスへの感染確認が発表された。

県によると奥州市の高齢者施設で職員1人、60代から90歳以上の入所者18人のあわせて19人の感染が確認された。
この施設では、これまでに他の職員1人と、その家族2人の感染確認が公表されていて、県は一連で22人のクラスターと認定した。
また、滝沢市の高齢者施設のクラスターでも新たに職員など4人の感染が確認され、一連の患者は32人となっている。
盛岡市の20代男性は盛岡市立の学校の教職員で今後、学校関係者100人ほどが検査される予定。
この他、5月1日は12人の感染確認が公表され、あわせて36人の感染者数は過去2番目の多さとなった。
このうち、これまでの患者との接触がなく、感染の経路が不明なのは8人。

県内の累計の患者数は948人、入院している人は92人となっている。

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました