【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナ 過去最多更新 静岡県内288人感染 クラスターも相次ぐ「セルフロックダウンを」

新型コロナ 過去最多更新 静岡県内288人感染 クラスターも相次ぐ「セルフロックダウンを」 参考画像 国内の話題

0

感染の拡大がさらに加速しています。8月11日の県内の新型コロナウイルスの新たな感染者は288人で過去最多を更新しました。帰省を前にPCR検査を受ける人が増えていますが、専門家は検査結果を過信しすぎないようにと呼びかけています。

 <県健康福祉部 後藤幹生参事>「セルフロックダウン。自分の身を守るため家からは出ない」
 専門家にここまで言わせるほどの尋常でないスピードで感染が広がっています。11日の新たな感染者を自治体別に見ますと、浜松市が65人、静岡市が50人、沼津市が28人などとなっています。浜松市、静岡市ともに1日あたりの感染者数が過去最多です。藤枝市内の学校の部活動で12人の感染が判明、富士市の接待を伴う飲食店「TIARAⅡ(ティアラツー)」で14人の感染が確認され、この2件が新たなクラスターと認定されました。
 <県健康福祉部 後藤幹生参事>「4連休、3連休が続き人流が増えて感染がつながっていった」
 これに加えていわば「落とし穴」となっているのがPCR検査の扱い方です。東京など首都圏ではお盆の帰省を前にPCR検査を受ける人が増えています。しかし、浜松市ではPCR検査が陰性だったので帰省した人が、帰省後に陽性と確認される例が今週から目立ち始めているということです。
 <浜松医療センター感染症管理特別顧問 矢野邦夫医師>「PCR検査を帰省前にやって陰性だから安心して県内に戻ってくる人がいるが、PCR陰性はその日しか結果が保証されない。次の日は陽性になるかもしれない。流行地域、特に関東からの帰省はこの夏はやめていただきたい」
 県は感染のピークはまだ先だとみて、換気や不織布マスクの着用、人と接する時間を減らすなどの対策を呼び掛けています。

8月11日 SBSテレビ「ORANGE」放送
#オレンジ6

【コメント】

タイトルとURLをコピーしました