【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナで実は加速している金融危機へのカウントダウンについて解説〜今後追いかけてみていただきたい一つの指標〜

新型コロナで実は加速している金融危機へのカウントダウンについて解説〜今後追いかけてみていただきたい一つの指標〜 参考画像 国内の話題

・本日はコロナが悲劇の第1章でしかなくこれからさらに恐ろしいとも言える金融危機が来る可能性を指摘しています。メガバンクの与信費用計上が非常に増えており、これの値が増えるというのは不良債権が増大していることを意味するためコロナはこのリスクを飛躍的に高めているということを教えてくれています。

*有料記事です
メガバンク決算を「与信費用」が直撃、3社計49%減益【決算報20夏】
https://diamond.jp/articles/-/245020

3メガ与信費用が大幅拡大、新型コロナで不透明感ー今期利益は低水準
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-15/QAAQ8WT0AFBG01

【コメント】

  1. 心すれちがう 悲しい生き様に ため息もらしていた
    だけどこの目に映る この街で僕はずっと 生きてゆかなければ
    人を傷つけることに 目を伏せるけど
    悲しさを口にすれば 人はみな傷ついてゆく

    僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない
    正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで
    僕は街にのまれて 少し心許しながら
    この冷たい街の風に 歌い続けてる

  2. 明日クビとか、明日会社が倒産するというのはあり得る話ですね。雇用自体にアイデンティティーを感じている感覚というのはどうしようもないですね。しかし、雇用(会社、就業先)およびその雇用に乗っかる形で家父長制度の家長(世帯主)に、国が行うべき社会保障・福祉の大半を担わせてきて、未だにそれを変えてようとしないばかりか、憲法改悪の方針では憲法の家族条項まで設けて、自助頼みの方針を強める意向を示していますから、絶望しか感じません。そのくせ、容赦なく庶民から所得税の実質増税や消費税増税、社会保険料の値上げしようとしていますからね。

  3. ブロックメーンブロックメーンブロックメーンブロックメーンブロックメーンブロックメディア

  4. 毎月の支出は徹底的に減らしておくべき、明日クビを言われても動じず「あっそうですか」って言えるぐらいの計画を練っておく。

  5. じゅんちゃん自身の体験?…では無いにせよ、自分自身が身につまされている言葉だな、と強く感じてしまいました。
    応援してるよ!(気持ちだけでごめんなさい)

  6. ハイパー藤巻の本読んでそう

  7. ますますベーシックインカムが現実味を帯びてきましたね。

  8. 固定費を徹底的に削る、というのは個人で見れば合理的ですが経済全体で見ると消費の減少=所得の減少になり、経済の停滞を招くのでデフレによる貧困化が加速します。

    それよりも今は政府が徹底的に財政出動し、事業者=雇用を守るべきです。日本の政府にはそれができます。
    そして今我々にできること、やるべきことは少しでも声を上げ続け、全く仕事をしない政治を動かすべく努力することではないでしょうか。

  9. いざなぎ景気の嘘が明らかになりましたね。オリンピックのマラソンに喩えると、足踏みや一休み、逆走でとりあえず走っていたことをついに政府も認めてしまいました。世界の主要国では、中央銀行が金融緩和を続けていことで、今後どう変化していくのかが問題です。
    世界の中で2周遅れのトップを走っているのがアベノミスクです。

  10. 世界は大借金時代に突入しましたね。
    崩壊は誰もが予想だにしないきっかけで突然起こる訳ですよね。
    ただし、じゅんちゃんのおっしゃる通り、固定費を削減しておくのは得策でしょうね。デフレを想定するのであれば、借金などはもってのほかですね。

タイトルとURLをコピーしました