【油断大敵】収束にはまだ遠いです!

新型コロナとバレリーナ~自らの踊りを見つめなおす~

新型コロナとバレリーナ~自らの踊りを見つめなおす~ 参考画像 国内の話題

関西出身で世界的なバレリーナがいます。
新型コロナで、舞台やイベントの開催が中止となるなか、芸術の在り方、そして、自らの踊りを見つめなおすその姿を追いました。

「かんさい情報ネットten.」2020年11月5日放送

#ten #かんさい情報ネットten #読売テレビニュース #バレリーナ #針山愛美 #こども #子供 #舞台 #イベント #バレエ #ボリショイ #白鳥の湖 #ベルリン国立バレエ団  #レッスン #モーツアルト #芸術一家 #足 #オンライン #オンラインレッスン #ZOOM #パンシェ #バレエダンサー #新型コロナ #コロナ #コロナとどう暮らす

【コメント】

  1. 東京都墨田区吾妻橋1丁目22番14号に建つ如意輪寺は、通称の牛島太子堂の別当にあたります。
    嘉祥2年(849)、比叡山第4祖慈覚大師(794~864)が入唐求法から帰って、故郷の下野国大慈寺への道すがら、聖徳太子御親刻の太子像を安置したことにはじまります。
    今日、アサヒスーパードライホールが建つ場所は、実は如意輪寺の奥之院(おくのいん)が建立されるために結界されなければならない聖地なのです。
    古式ゆかしい形のチタン製段付本瓦葺きの権現造(妻沼聖天様式)による外観と内装を持つ鉄筋コンクリート建築で元三大師堂が発願され勧進されなければなりません。
    この元三大師堂では密教の儀軌に則り護摩が厳修され、巨大な汚穢による醜悪な不浄が祓い清められなければなりません。
    紅蓮にはためく無数の奉納幟には「南無元三大師持宝金剛」の御宝号の文字が舞い踊り修法の功徳を高めます。
    禅林の静寂を偲ばせる常盤木の杜で包み境内を緑豊かに荘厳し俗界の喧騒と距離をはかります。
    「吾妻橋大師」の名で風情ある霊場を目指し普請が進められれば、たちの悪い疫病は速やかに収束され、五輪は無事に開催され平和のうちに盛り上がるのです。

タイトルとURLをコピーしました